向後の7日株!:青天井なう!新市場創設でシェア9割!海外展開も進める医療機器株 (667X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

テクノメディカ (6678)が今日の注目銘柄!

5日に高値445000円をつけ、連日、上場来高値を更新している同社に注目します。

同社は、採血管準備装置を開発し、新たな市場を創設しました。そして、導入後も専用の消耗品(試薬・ラベル等)を供給し、安定した収益構造を構築しています。装置の開発・製造においては、技術開発と設計を自社内でおこない、製造・組立を外部協力会社に委託するファブレス型の体制をとりコスト削減をしています。

採血管準備装置の同社製品の累計設置施設は、1672施設(12年3月期末)であり、市場シェアも同社調べでは累計設置施設数ベース90%前後で推移しています。同社が主な導入のターゲットとしている病床数200床以上の大規模一般病院数を踏まえると、今後、新規の設置台数は伸び悩み若しくは減少に転ずる可能性があります。

このため、これまでターゲットとしてきた大規模一般病院に限らず、大規模病院の入院病棟や小規模病院をターゲットとした小型の装置開発・販売強化を図っており、今後は、「検査センター」「検診センター」「治験実施機関」等の医療施設を次のターゲット市場として市場開拓し、より一層の事業強化を目指すとのことです。

一方、グローバル市場におけるシェアの拡大を目指し、現在は、イタリアメーカーと全自動採血管準備装置の代理店契約を締結しています。また、血液ガス分析装置販売においても、欧州及びアジア諸国の企業との代理店契約を締結するなど、国際的な拡販体制の確立も進めています。

13年3月期通期連結業績予想は、売上高は100億円(前期比、25.3%増)、営業利益は20億円(同、9.4%増)、経常利益は20億円(同、9.2%増)、当期純利益は12億円(同、11.7%増)と増収・増益の見通しです。

株価は、5日終値は440500円でした。日足チャートをみると、一目均衡表の転換線(5日現在、406000円)をサポートとして、連日高値を更新し、力強い値動きをしています。連日の高値更新で、当然のことながら需給面でのシコリもなく、いわゆる、青天井です。これが一番の魅力です。その一方で、外部環境に影響されにくい業容で、安定的な成長が期待できる銘柄であることも、安心材料のひとつです。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。