レンタルビデオショップの店員にアレコレ聞いてみた



洋画や邦画を気軽に借りることができるレンタルビデオショップ。大作や話題作を自宅でのんびりと鑑賞できるステキなサービスですが、お店の裏事情はいろいろとあるようです。……。

今回はそんなレンタルビデオショップの店員さんに、人気のタイトルや困ったお客さんなど、アレコレ聞いてみました。



――レンタルされる商品で人気のジャンルはなんですか?



うちの店ではやはり邦画より洋画の方が多く出ますね。入荷本数も全然違いますし、新作・旧作問わず洋画が人気です。あとはバラエティ番組のDVDも回転率が高く、人気ですね。



――なるほど。確かにバラエティ番組のDVDは人気ですよね! バラエティ番組のDVDではどんなタイトルが人気ですか?



特に人気なのは『ガキの使いやあらへんで』の24時間シリーズや『アメトーーク』のDVDですね。あとうちの店では『探偵ナイトスクープ』のDVDが回転率がよかったりします。



――関西の方にはおなじみの番組ですけど、関東でも人気なんですね。あとタイトルによってはDVDとBDが置いてある店がありますが、どちらが多くレンタルされるのでしょうか?



まだ圧倒的にDVDですね。以前よりBDを借りるお客さんは増えましたが、うちの店ではまだDVDに及ばない感じです。マイナーなタイトルだとBD版を入荷しない場合もありますし。



――確かにあまり有名でない作品の場合はBDがないですよね。あとレンタルされるお客さんはちゃんと期日までに返却してくれますか?



期日を過ぎると延滞料が取られちゃいますから、ほとんどの人はちゃんと返却してくれますよ。ただ1〜2日くらい遅れて返す人も多いですね。



――うっかりしていたとか、その日に返すのがめんどうで「1日くらいの延滞料ならいいか」なんて思っちゃうときもあります(笑)。

レンタル料金より延滞料が高い場合もあるので、店側にとってはそういうのはけっこう美味しいんですけどね(笑)。



――話はガラっと変わるのですが、レンタルビデオショップならではのヘンなお客さんはいますか?



けっこういますよ(笑)。



――例えば、どんなお客さんがいますか?



う〜ん、そうですねぇ……。30分くらいずーっと同じ作品のパッケージを眺めた後、納得したような表情で帰っていくお客さんとか、何度も何度も同じ作品を借りるお客さんとか……。



――う〜ん、よくわからないですね(笑) 何度も同じ作品を借りるのは目的があってとかではなく?



カウンターで返却対応するとき、いつも「また同じの借りていたよ(笑)」みたいなこと言っているんで、わざとではないようなんですよね……店員からしても謎なんです。



――素で何度も間違えているんですか……学習していないんですね(笑)。ほかにはどんなお客さんがいますか?



ヘンと言うか、やっぱりアダルトコーナーにキョロキョロしながら入る高校生はよく見ますね(笑)。



――定番というべき存在ですね(笑)。



しかも学生服のまんまで。「着替えればいいのに……」とか思っちゃいます。もちろん注意しますけどね(笑)。まぁ変わったお客さんというか、外部の人に語れないようなヒドイお客さんもいますからね。



――なるほど……大変そうです(笑)。ほかに、こういうことはしないでほしいというのはありますか?



やっぱり商品なんであまり雑に扱わないでほしいですね。レンタルだからと、家でむき出しのまま放置したりは極力しない方向でお願いしたいです。キズついた状態で返却されてくるとやっぱりちょっと悲しいので……。



――確かにほかのレンタルグッズと違って雑に扱われることが多い気がします。これは気をつけないといけませんね。



やはり客商売だけあって、ちょっと変わったお客さんも多いようです。また、普段お世話になっているお店の店員さんを悲しませないよう、レンタルしたDVDなどは丁寧に扱うようにしましょうね!



(貫井康徳@dcp)