住友生命保険社長 
佐藤義雄 
1949年、福岡県生まれ。県立小倉高校から、九州大学法学部卒業後、73年、住友生命保険入社。営業、運用畑を中心に歩む。2000年、取締役嘱総合法人本部長、02年、常務取締役嘱常務執行役員などを経て、07年より現職。趣味は読書で、中国古典や歴史小説が好み。

写真拡大

私が初めて支社長になったのは41歳のときだった。赴任先は大阪の茨木支社だったが、赴任する前に、当時の新井正明名誉会長からいくつかの言葉が書かれた紙を渡された。

新井氏は、私が入社した1973年当時、すでに社長だった。37年に東京帝国大学(現東京大学)を卒業後、住友本社(当時)に入社し、住友生命に配属されたが、ほどなく始まった日中戦争の召集を受けてしまう。陸軍の一兵卒として満州国に赴いたものの、ノモンハンの戦いで片足を失うという戦傷を負ってしまった。復員後は会社に戻り、ハンディを背負いながらも、大変な努力を積み重ねて社長、会長、名誉会長を歴任した人だ。

ノモンハンでの怪我で陸軍病院に入院中に、新井さんは歴代首相の指南役といわれた安岡正篤先生の本を読んで非常に感銘を受けたという。高じて会社勤めをしながら安岡先生の弟子になられた。『四書五経』など儒教の教えを中心とした中国古典に造詣が深く、みずからも書物を著すほどの勉強家だった。

そんな新井氏からいただいた紙には中国古典などから抜き出した故事成句が引用されていた。以前から、初めて支社長となった社員に渡すことにしているのだという。その中で非常に印象に残った言葉がある。「逆耳払心(ぎゃくじふっしん)」である。

これは中国古典『菜根譚』の中に登場する言葉である。『菜根譚』とは、「菜根」すなわち、野菜の根は筋が多いが、これをしっかりかみうるものだけが、物事の真の味を味わうことができるという意味からきている。17世紀の中国・明朝末期に儒教、道教、そして仏教禅宗の三教の教えを融合し、長い歴史における処世の知恵を集大成したエッセイ集とでもいうべき作品だ。

あるときはゆったりと楽に生きることを勧め、あるときはみずからを厳しく律することを促す。そして、心の悩みには光明を見出す教えを示している。この本が日本に紹介されたのは江戸時代後期のことだが、本家の中国よりも、むしろ日本人の心の琴線に触れたらしく、幅広い読者を得て、長きにわたり愛読されてきた古典である。

そんな『菜根譚』の前集第五条に、「耳中、常に耳に逆らうの言を聞き、心中、常に心に払(もと)るの事ありて、はじめてこれ徳に進みて行ないを修むるの砥石なり」という一節がある。

忠告や諫言というものは、聞かされるほうは、決して心地よいものではない。だが、これにきちんと対応するかどうかによって、人間としての器量が問われるばかりでなく、その後、その人が成長を遂げるかどうかの分かれ道ともなる、ということを説いているのだ。

これがすなわち「逆耳払心」である。耳に逆らう、すなわち耳が痛い話もしっかり聞き、ともすれば心から払いのけてしまいたくなるような状態こそが、おのれを磨く「砥石」のごとき役割を果たしてくれる。

そのすぐ後に、もし耳に入るのがお世辞のような甘い話ばかりで、何をするのも思いのままという環境にあったとするならば、知らない間に毒に侵されてしまうという一説が付け加えられている。

保険会社の支社長といえば、サラリーマンとしての一つの大きな到達点である。管轄地域を統括する支社でのトップであるわけだから、いわば一国一城の主なのだ。心の中でどう思っているかはともかく、支社のスタッフのほとんどは支社長の言うことにあまり逆らわない。だからこそ、名君にもなれば聖君にもなり、暴君にもなる可能性がある。

私自身、いろいろな現場を経験して身にしみていることは、上に立つものほど、人の意見、特に営業の第一線にいる人たちの声を大切にしないと、方向を誤ってしまうということだ。

それをわかっていたからこそ、新井氏は新任支社長たちに「思い上がってはいけない」と諭すために、戒めの言葉を伝えていたのだろう。渡された紙にはさまざまな言葉が書かれていたが、「逆耳払心」という言葉は、ことに当時の私の目に飛び込み、心に焼き付いたことをいまでも鮮明に覚えている。

支社長になる前、私は有価証券部の課長だった。当時の保険会社は、営業戦略の一つとして、企業に保険商品を売り込む際にその企業の株を買うことがあったが、ちょうど時代はバブル期で多くの企業の株がどんどん値上がりしていた頃である。しかし、何でもかんでも買えばいいというものではない。話を持ち込む関係部署との折衝でも、あっさり断ることがあった。

そんな私に対して、ひょんなことから「あの課長はぶっきらぼうで断り方が冷たかった」「あの男はどうも堅物だ」「もう少し、性格が丸くならなければダメだ」といった評判が耳に入ってきた。そんなこともあり、「もっと現場の話を真摯に聞かなければやっていけない」ことを痛感していた。

だからこそ、『菜根譚』の言葉が心に強く響いたのだろう。以後、いつも胸の中に大切にしまい、忘れることはなかった。

そして、95年に徳島支社長になったときのこと。赴任して初めての支部長会議の席で、自分への戒めとしての「逆耳払心」に触れたうえで、「だから、私にとって耳の痛いようなこともどんどん言ってほしい」と伝えた。

すると翌日、支社で最も信望のある支部長から「私の思いの丈を話したい」と話があり、その夜、これまでの支社のやり方、会社の制度など、5時間くらい延々と話を聞くことになった。そして、他の支部長もいろいろと意見を言ってくるようになった。

その後、徳島支社を離れてから当時のスタッフと話す機会があったが、私自身が思った以上に、私が赴任時にした話を覚えていてくれた。意見を聞くと宣言した私自身が、本当にそれを実践するのかどうかも常に見ていたと言われた。

お客さまの苦情も支社長として自ら聞きにいった。長時間、お叱りを受けることも多々あったが、話を聞いていると、住友生命という会社を非常に大切にしてくれていることがわかり、逆に強い信頼関係が築かれたこともあった。

会社経営においては常に、その時代に合った技術論や方法論がもてはやされるものだ。むろんそれも必要なことだろうが、どれほど時代が変わっても普遍的な価値観を忘れてはならないと思っている。

いま、私も社長という立場になり、かつて支社長だったときとは比べものにならない数の部下を持つようになった。そこでやはり、不愉快な意見も含めて「聞く力」を何よりも大切にしたいと思う。

もちろん社内のみならず、お客様の声にも耳を傾け続けることだ。生命保険業界は支払い問題などがあったこともあり、お褒めの言葉よりお叱りの言葉をいただくほうがはるかに多いものだ。

しかし、本当に頭にきたとき、人は何も言わなくなる。そうなれば最後、黙って切り捨てられるだけだ。だからこそ、言ってくれる人の存在は本当にありがたい。

新井氏に渡された紙がきっかけで読んだ『菜根譚』は、すでに何度も読み返したが、そんな、人として生きるうえでの普遍的な真理を説いているのだと改めてわかった気がする。

後で知ったのだが、新井氏が社長だったときも、この「逆耳払心」という言葉を、とりわけ大切にしていたようだ。

※すべて雑誌掲載当時

(山下 諭=構成 澁谷高晴=撮影)