夕刊フジのお仕事とは?




夕刊紙は、政治、経済、株、生活情報、芸能、スポーツなど多ジャンルに渡って、まるで幕の内弁当のようですが、この夕刊紙を作る仕事はどういったものでしょうか? 夕刊フジ編集局・報道部部長の佐々木浩二さんにお話を伺いました。



夕刊フジは東京と大阪圏を中心に全国で刊行されています。100万に近い読者が毎日夕刊フジを楽しんでいます。



■一般新聞と夕刊紙の違いとは?



――一般の新聞と夕刊紙の違いは何でしょうか?



佐々木部長 一般紙というのはあくまでも事実をそのまま報道するというスタンスで作られるものだと思います。しかし夕刊紙の場合にはそれとは違う「切り口」が必要で、「ストレートにはやらない」と。



――なるほど。



佐々木部長 誤解を招くかもしれませんが、いかにキャッチーな見出しになるような「切り口」を見つけるか、そういう点が一般紙とは違います。



■夕刊フジは2版ある!



――毎日刊行なので、当然締め切りが毎日あると思うんですが。



佐々木部長 知らない人が多いと思うんですが2版作ってるんですよ。夕刊フジは2種類刊行されているんです。AB版とC版です。この2種類で締め切りは違います。



――AB版とC版の違いは何ですか?



佐々木部長 締め切り時間が違います。午前中に製作して昼ごろから店頭に並ぶのがAB版。昼ごろに製作し、午後から夕方にかけて出るのがC版です。より新しい、重要な情報が出てきたら、その最新の記事を入れてC版を作ります。



夕刊フジの第1面の一番上にA版(AB統合版)、C版という表記を入れています。



――毎日締め切りでこれだけさまざまなジャンルの記事を作るというのは大変だと思うんですが、スタッフはどのくらいいるのでしょうか?



佐々木部長 一般紙と比べると少ないです。一般紙の半分とか1/3じゃないでしょうか。外部スタッフもいますが少ないので大変ですよ(笑)。



――夕刊フジではいわゆる編集長という人はいるのでしょうか?



佐々木部長 もちろんいます(笑)。編集局長です。編集局長の下に「報道部」や「運動部」、「整理部」などがあって、それぞれ部長がいます。部長の下にはデスクがいて、実際の記事作成の現場指揮をとっています。



――記者のみなさんはデスクの指揮で動くんですね?



佐々木部長 そうですね。



■編集長! 特ダネです



――ドラマなどで「編集長! 特ダネです!」なんて叫んで駆け込んでくる記者がいますけど(笑)。



佐々木部長 そんな記者はいません(笑)。叫んでる段階でそれは特ダネじゃないです。特ダネを取ってきた記者は、まずデスクに相談します。デスクは部長と編集局長に相談します。その4人以外に知られることは発行直前までないですね。



4人でネタをどう扱うか、取材をどう進めるかを内密に相談するわけです。



――夕刊紙の記者に求められることは何でしょうか?



佐々木部長 幅広い知識を持っていること、言葉は悪いですが専門バカにならないことでしょうか。例えば先日のAB版は政治記事が1面だったんですが、C版ではそれを松田聖子さんの再々婚の記事にしました。極端な例かもしれませんが、さまざまな記事を扱うのでやはり色んなことを知っていないといけないですね。



よく言うんですが「好きじゃなくても構わない。でも知識として知っておくべきだ」って。



――記事を作成する上で気を付けることはありますか?



佐々木部長 私も記者の時に先輩に言われましたが、その記事が紙面に掲載された時に「どんな見出しになるのか」を意識して原稿を書くことですね。



――整理部というのは何をするのでしょうか?



佐々木部長 上がってきた記事を紙面にレイアウトするのと、大事なのは記事の見出しを作ることですね。



――お伺いしていると「見出し」はとても大事なんですね。記事の見出しで売り上げは変わりますか?



佐々木部長 もちろんです。しかも最近はキヨスクにもPOSが入ってますからスグに販売部数がわかりますからね。



――毎日毎日、売り上げがわかるわけですよね。



佐々木部長 そうです。これも一般紙との大きな違いですが、作って売って、その反響がすぐわかりますから、イメージ的には小売店というか(笑)、鮮魚販売みたいな。



――瓦版屋さんのまさに直系の子孫なのかもしれないですね。



佐々木部長 ああ、そうかもしれませんね(笑)。



■夕刊フジの読者層は?



――読者についてお聞きしたいのですが、メインの読者層はどんな人たちでしょうか?



佐々木部長 東京、大阪圏の30代〜60代のサラリーマンが中心ですね。いわゆる「ホワイトカラー層」です。その中でもメインは40〜50歳代の方々でしょうか。



――女性読者は少ないんでしょうか。



佐々木部長 少ないですがまったくいないってことではないんですよ。例えばだんなさんが家に持って帰って来たのを読むとか。そういう女性読者がおられます。確かにキヨスクなどで買ってくれる女性の方は少ないかもしれませんが。



■アプリ版の夕刊フジ始めました



――最近、iPhone(iPad)用のアプリ、アンドロイド用のアプリで夕刊フジが始まりましたが、反響はどうですか?



佐々木部長 購入いただいた方の継続率が高いので感謝しております。特にiPhone版の方には好評を頂いています。紙面とiPadの画面は親和性が高いと思いますね。本当の紙面のような感覚で読んでいただけると思いますよ。



月額900円ですから普通に買うよりもお得ですし。



――1部130円なので、約7日分のお金で1カ月分読めるのは確かにお得ですね。



佐々木部長 バックナンバーの機能もあるので、取っておきたい記事や連載記事を後で確認するのにもいいですよ。ぜひよろしくお願いします(笑)。



夕刊紙はおじさんが読むものと思っている人が多いかもしれません。でも夕刊フジってホントによくできてるんですよ。「帰宅のお供に最適」とお薦めします!





(高橋モータース@dcp)





夕刊フジのアンドロイドアプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.sankei.youfuji