『ワンピース』イルミネーションがお台場に! 計13カ所で連動イベント大展開

写真拡大

人気アニメ『ワンピース』の劇場版最新作『ONE PIECE FILM Z』(ワンピースフィルム ゼット)が12月15日に公開されることを記念して、本作をモチーフにしたイルミネーションイベント『イルミネーションアイランドお台場2012 ONE PIECE FILM Z』が11月7日(水)より公開されることが発表された。

このイベントでは、アクアシティお台場やヴィーナスフォートなどメイン会場となる5つのスポットほか、シネマメディアージュや東京ジョイポリスなどのサテライト会場、またゆりかもめなどの交通機関も含む各所計13施設で『ワンピース』をモチーフとしたイルミネーションの点灯やイベント演出、展示などが期間限定で登場。

また、オリジナルマフラーやステッカーが当たるスタンプラリーも実施される予定だ。

さらに、イベント施設の各チェックポイントには、AR(Augmented Reality:拡張現実)マーカーを設置。

iPhone、iPadでイベント用のアプリをダウンロードすれば、カメラをARマーカーにかざすとディスプレイに『ワンピース』のキャラクターが出現し、ツーショット撮影が楽しむことができる。

さらに、全施設のマーカーを集めると、スペシャル待ち受け画像がダウンロード可能など、ARを駆使した企画が多数展開されるようだ。

ARでの写真撮影は、iPhone、iPad端末限定で、ARアプリのダウンロードURLは、オフィシャルサイトにて追って公開される予定。

また、フジテレビ内のショップでは「イルミネーションアイランドお台場2012 ONE PIECE FILM Z」限定オリジナルグッズを始め、『ワンピース』関連グッズを豊富に取り揃えているという。

映画『ONE PIECE FILM Z』は、2009年に劇場版第10作目を記念して大ヒットを記録した『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』から3年ぶりとなる『ワンピース』の新作映画。

本作では、映画シリーズ初の”新世界”が描かれ、全海賊抹殺を企む首謀者、伝説の元海軍大将・ゼットと主人公、モンキー・D・ルフィ率いる率いる麦わらの一味のし烈な戦いが繰り広げられる。

原作の尾田栄一郎が総合プロデューサーを務め、脚本は『SMAP×SMAP』など人気バラエティー番組を手がける放送作家の鈴木おさむ、オープニングテーマは中田ヤスタカ(capsule)が担当する。

毎回話題となるゲスト声優だが、今回は篠原涼子と香川照之が出演。

篠原が元海軍大将・ゼットの最強の部下で「モドモドの実」の能力者・アインを、香川がゼットのもう1人の部下で「モサモサの実」能力者の無口な忍者風海軍のビンズを演じることが決定しており、この2人を加え、新たな『ONE PIECE』サーガが描かれる。

(C)尾田栄一郎/2012「ワンピース」製作委員会