日本映画界を代表する超豪華キャストによる、究極のバイオレンス・エンターテインメント「アウトレイジ ビヨンド」。2010年に、前作「アウトレイジ」が大ヒットを記録し、北野武監督作初の続編が製作されました。

 全員悪人の“男の世界”で、だまし、裏切り合い、大勢の登場人物が命を落とした前作。今回は、その5年後が描かれていますが、前作を見ていなくても十分に楽しむことができる内容になっています。

アウトレイジ ビヨンド
 先代亡き後、会長に就任した加藤(三浦友和)による新体制の下、暴力団「山王会」は関東の頂点を極めました。「大友組」のボス・大友(ビートたけし)を裏切り、山王会の若頭となった切れ者の石原(加瀬亮)の知恵によって、政界にまで手を伸ばす山王会。

大友組の金庫番だった石原は山王会で頭脳戦の闇取引を推進する
 山王会の過剰な勢力拡大に業を煮やす警察組織は、関西の雄である「花菱会」に目を付け、表向きは友好関係を保っている東西の巨大暴力団の対立をもくろみます。

関西を代表する暴力団、花菱会の若頭・西野(西田敏行)と幹部・中田(塩見三省)
 大友は獄中で死んだと噂を流していた刑事の片岡(小日向文世)。実は生きていた大友を出所させ、彼をキーパーソンに仕立てて、さまざまな策略を仕掛けていきます。

組織犯罪対策部(通称“マル暴”)の片岡は東西の暴力団に揺さぶりをかけるが……
 前作からの数少ない生き残り組の1人、“インテリヤクザ”の石原を「アウトレイジ ビヨンド」でも熱演している加瀬亮さん。普段の加瀬さんからは想像もできない石原役や、北野監督との仕事などについて、お話を伺ってきました。






加瀬 亮
1974年、神奈川県出身。2000年、「五条霊戦記」で映画デビュー。主な出演作に、「アンテナ」「スクラップ・ヘブン」「ハチミツとクローバー」「めがね」「それでもボクはやってない」「ぐるりのこと。」「グーグーだって猫である」「プール」「重力ピエロ」「おとうと」「海炭市叙景」「東京オアシス」「劇場版 SPEC〜天〜」などがある。クリント・イーストウッド監督「硫黄島からの手紙」、ミシェル・ゴンドリー監督「TOKYO!」、 ガス・ヴァン・サント監督「永遠の僕たち」、アッバス・キアロスタミ監督「ライク・サムワン・イン・ラブ」など、海外の有名映画監督との仕事も多数。

——前作と比べて、石原というキャラクターに、かなり変化がありましたよね?

 「最初、台本を読んだときは、かなり前作と違う感じになっていたので、驚きましたし、面白いなとも思ったのですが、すぐに『どうやって演じればいいのか』と心配になりました。前回は、監督やスタッフが、なんとか自分にヤクザが似合うように、いろいろ工夫してくれて、ああいう静かなキャラクターにしていただいたんです。それでも自分の中では、やっぱりヤクザを演じることに対して心配があったんです。それなのに、今回は結構直球に怒鳴ったりするので(笑)。『これはできるんだろうか』って思いました」

——山王会の古参幹部を怒鳴りつけていましたが、先輩俳優を相手に怒鳴るとき、どうやって、そこまで気持ちを持っていきましたか?

 「もう、目とか見ないようにしてました(笑)。本当に恐れ多いというくらい、すごい先輩方ばかりなので。朝、現場に入って、挨拶をして、本番前はとにかく先輩の方を見ないようにしていました(笑)。たぶん、自分が怒鳴っても怖さというものからは遠のいてしまうと思うので、みなさんも芝居を受けているときは、笑っているか、『加瀬、頑張れ』とか思ってもらっていたと思います」

先輩俳優を前に石原を熱演する加瀬さん
——個人的な意見ですが、私は加瀬さんがヤクザを演じるのは、正直ちょっとショックで……。

 「そうですか、すいません(笑)」

——ですが前回、石原が生き伸びてしまって(笑)、今回はさらにイヤなヤツになって再登場していますよね。加瀬さんの中から、どのようにして悪人の演技を引き出しているのですか?

 「大体いつも、その人が良い人とか悪い人とかという風には考えていなくて、その人の苦悩だったり、不安だったり、弱さだったり、何かそういう部分が少しでも分かると、なんとなく演じる糸口が分かっていくという感じですね」

——なるほど。再び石原を演じると分かったとき、どう思いましたか?

 「前作でのし上がって、上り詰めてしまったので、今回はひどい目に遭うなという予感はありました(笑)。前回から感じていたことですが、やっぱり自分にとって、ヤクザを演じることは難しいので、石原が成長しているとなればどうなるんだろうと、心配の方が先立ちました」

——石原は十分に怖かったです! 今回は前作よりも女性の登場シーンが減り、“男の世界”がより濃密に描かれていますが、加瀬さんは本作に登場する男たちの生きざまをどう思いますか?

 「いわゆる男性社会の縮図という感じがします。映画にすると、本音と建前がたくさん見えて、だから本作を見る方には、どこかで共感や笑ってもらえる感じがあるんじゃないかと思います」

加瀬 亮
——残酷なシーンもかなりありますが、撮影は大変でしたか? 痛い思いをしたりとかは?

 「画面で見ると怖かったり、ひどかったりするシーンって、現場だと大体逆なんです。みんな笑って撮影しています。痛い思いをすることは、全くないですね(笑)。」

——安心しました(笑)。北野監督の現場での佇まいや、演出法について教えてください。

 「いつも静かな方で、楽しそうに演出されています。監督自身も俳優の仕事をたくさんされてきているので、演じる側の生理を知り尽くしていて、現場に行くと、役者が嫌だなと思うようなことが全くないんです。監督は特に何もおっしゃらないんですけど、たぶんすごく細かく気を使われて、現場を作っているんだと感じます。だから、僕たちが入る頃には場が完成されています」

——キャストのみなさんの現場の雰囲気は?

 「ほぼ全員が、北野監督と仕事をすることに喜びを感じていると思いました。だから、みんな、すごくうれしそうな様子なんです。現場の雰囲気は静かですけど、非常に良いムードでした」

——ここしばらく、加瀬さんはキレる役が多いように思いますが……。

 「最近はそうかもしれませんね(笑)」

——かなりエネルギーを要する役が多かったようですが、今後はまた違うジャンルに挑戦してみたいと考えていますか?

 「特にジャンルについて考えたりはしないのですが、確かに怒鳴ったり怒ったりするのは、予想以上に疲れますね(笑)。普段は、あまり怒鳴ったりしないからかもしれないですけど。逆に今回、『アウトレイジ ビヨンド』の先輩たちの怒鳴り方を見て、今後の課題として、もっとちゃんと怒鳴れるようになりたいと思いました(笑)」


『アウトレイジ ビヨンド』ジャパンプレミア レポート


 9月18日、「アウトレイジ ビヨンド」のジャパンプレミアが開催され、北野武監督をはじめ、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、中野英雄、松重豊、小日向文世、高橋克典、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁という“悪人”の面々が登壇しました。12人の豪華俳優陣が勢ぞろいし、撮影も兼ねた私は会場の最前列に座りながら、もう嬉しくて嬉しくて、顔が緩みっぱなしでした(笑)。

 加瀬さんはもちろん、みなさん朗らかで優しい方たちばかり。映画の中の怖い表情とは全く違って、楽しいコメントが次々に繰り出します! 中でも加瀬さんは「今回、若頭に出世しておりますが、どうやらその器ではなかったようで、ひどい目に遭いました(笑)」と、笑顔で語っていました。「大声で怒鳴るとスッキリしますね。おかげで血圧が正常に戻りました」とコメントして、会場を沸かせたのは西田さん。北野監督は「ここにいる全員が主役をできる役者さんだから、ギャラは相当なもんで、うちの事務所としても大変。たくさんの人に見てもらえれば、赤字を解消できる」と面白く語りながら、自信作であることをアピールしていました。