約9割の母親が「子どもの泣き声」をストレスに感じると回答-ロッテ調べ

写真拡大

菓子などの製造を行っているロッテは、全国の1歳から3歳の子どもを持つ母親450名に対し、「子どもの泣きと育児ストレスに関する意識調査」を実施。

調査の結果、「子どもの泣き声」をストレスに感じる母親は約9割にのぼることが明らかになった。

調査期間は9月14日から9月23日。

「自分のことを『”ダメママ”なのではないか』と思ったことがありますか?」と尋ねたところ、82.4%もの母親が自分のことを「ダメママ」と感じたことがあり、現在の自己評価も平均57.9点と低い傾向にあることがわかった。

また、「これまでの子育てを最初からやり直したいと思ったことがありますか?」という質問でも、「思ったことがある」と回答した人が44.0%と少なくなく、自分の育児に自信が持てない中で、悩みながら子どもと接している母親が多いと考えられる。

「自分のことを”ダメママ”と感じるのはどのようなとき?」と質問したところ、「子どもに自分の感情をぶつけてしまった時(87.9%)」、「子どもよりも自分の都合を優先してしまった時(62.5%)」、「子どもの気持ちをわかってあげられなかった時(48.0%)」の3つが多く、育児中に自分本位になってしまうときほど罪悪感にさいなまれる傾向があった。

「理由がわからないとき、子どもの泣き声をストレスに感じることがありますか?」という質問では、86.2%の母親が「理由のわからない子どもの泣き声」に対してストレスを感じたことがあると回答。

特に「自己評価点」が低い母親ほど、子どもの泣き声をストレスに感じる傾向が強く、育児に対する自信とストレスには強い関係があるのではないかと推測される。

実際、子どもを泣きやませるのに費やしている時間は、1日平均38.1分と短くないこともわかった。