「耐震」「制震」「免震」って、何が違う? 震災に強い住宅選び

写真拡大

あなたが今住んでいる住居は、大きな地震が起きても倒壊の恐れはないでしょうか? 2011年の東日本大震災以降、建物の「耐震性」に関して重視する方が多くなりました。

そこで、「マイナビ賃貸」では、住宅建築や購入のアドバイザー、アネシスプランニング株式会社 代表取締役の寺岡孝さんに、震災に強い住宅選びについて教えていただきました。

■「耐震等級」って何?まずは、物件の耐震構造についてですが、確認するポイントは「耐震等級」で、この数値は地震に対する“建物の強さ”を表しています。

「『耐震等級』とは、『住宅性能表示制度』の項目の一つで、『住宅性能表示制度』とは、天災や火災に対する物件の耐久力などを、国が定めた客観的な数値で図る制度のことで、中でも3段階にランク付けされている『耐震等級』は、等級1の住宅は数百年に一度発生する地震(東京では震度6強〜7程度)に、等級3だと等級1の1.5倍の地震に耐えられることを示します。

つまり、この数値が高ければ高いほど、震度6強〜7程度の地震に対する住宅の強度が増すので、お部屋選びの際には、できれば等級3、少なくとも等級1の物件がいいのは間違いありません」(寺岡さん)■「制震」と「免震」、何が違う?次にチェックしたいのが“建物の構造”についてです。

その物件が災害に強いつくりになっているかどうか、「骨格の仕組み」を読み取ります。

建物の災害への対策構造は、大きく分けて「耐震」、「制震」、「免震」の三つが挙げられます。

耐震……基本的な骨組みを強化して、建物が地震の力に耐えられるようにする構造方法。

大多数の建築物はこの構造でつくられており、標準的な構造だと言えます。

制震……耐震構造でつくられた、強い骨組みの内部に、外からの揺れの力を弱める装置を組み込む構造方法。

地震エネルギーを吸収するつくりになっています。

免震……建物の根っこの部分に、クッションのような装置を組み込む構造方法。

骨組みを強くする耐震・制震と比べ、特殊な装置で揺れを受け流すため、ほとんど建物に揺れが伝わりません。

■まずは不動産会社に確認してみよう!「『耐震等級が高く、かつ免震構造』という好条件の物件は、探すだけでも一苦労で、それは、ほとんどの賃貸物件で耐震等級の表示がないからです。

また、免震構造は、耐震構造に比べ建設コストがかかりますので、地盤の弱い場所では採用されない場合もあり、なかなか普及に至っていませんね」(寺岡さん)それでは、地震に強い住まいはどうやって探せばよいのでしょう? 賢い選び方はありますか? 「まずは不動産会社に、住宅性能評価を受けた物件かどうか直接聞くことでしょう。

また、1981年以降の建築基準法による新耐震設計に該当するかどうかも確認しておくべきです。

つまり、同年に東北を襲った宮城県沖地震以降に定められた『新耐震設計基準』でつくられた建物ならある程度の安全が担保されている、ということです」(寺岡さん)物件を探すときは、インターネットで築年数や種別・構造などをあらかじめ確認しておくことがおすすめです。

そこで、コレ!という物件を見つけたら、実際に内見をおこない、直接、不動産業会社に住宅性能評価など、耐震について積極的に聞いてみましょう。

きっと、今以上に納得のいく住まい選びができるはずです。

取材協力:アネシスプランニング株式会社 代表取締役の寺岡孝さん(文・エフスタイル)

続きを読む