<AOL Celebrity>が厳選した、映画関連のニュースをお届けします!

キャリアは相変わらず絶好調のトム
新作『ロック・オブ・エイジズ』が日本で公開中のトム・クルーズ。私生活ではいろいろありましたが、キャリアはいたって順調そのもの。

今年12月にはリー・チャイルドの小説『ジャック・リーチャー』シリーズをもとにした、パラマウントのアクション・スリラー『アウトロー(原題:Jack Reacher)』が全米公開される(日本公開は2013年2月の予定)。2013年4月には、SF作品『オブリヴィオン/Oblivion』も全米公開されるのだ。

さらにワーナー・ブラザースが別の新作アクション『オール・ユー・ニード・イズ・キル/All You Need Is Kill』の全米公開を2014年3月14日だと発表。共演者は『LOOPER/ルーパー』のエミリー・ブラントだ。<The Hollywood Reporter>は、『オール...』がお金をかけた『ミッション:8ミニッツ』みたいな作品だと表現している。

最高にクレイジーなコメディー『Movie 43』
総勢28人(!)ものセレブが登場する、R指定オムニバス・コメディー『ムービー43/Movie 43』の予告編が公開された。

オムニバスと言うだけあって、監督はピーター・ファレリーからジェームズ・ガン、ブレット・ラトナーなど複数。"アンサンブル・コメディー"の形式をとっているのだが、これがまた超クレイジーなのだ。予告編の冒頭から、きれいな女性(アンナ・ファリス)による「私にウ○コしてくれない?」といった爆弾発言が飛び出し、その後は放送禁止用語のオンパレード。レプラコーン(妖精)から性感染症まで、なんでもありのドタバタコメディーとなっている。

キャストはクリステン・ベルからハル・ベリー、ケイト・ボスワース、ジェラルド・バトラー、キーラン・カルキン、ジョシュ・デュアメル、テレンス・ハワード、ヒュー・ジャックマン、ジョニー・ノックスヴィル、ジャスティン・ロング、『キック・アス』のクリストファー・ミンツ=プラッセにクロエ・グレース・モレッツ、ショーン・ウィリアム・スコット、エマ・ストーン、ジェイソン・サダイキス、ユマ・サーマン、ナオミ・ワッツ、ケイト・ウィンスレット...とまだまだ続く。

全米公開は2013年1月23日の予定。日本公開は未定だ。予告編はコチラからどうぞ(一部過激な表現があるため、年齢制限付き)。

コメディー映画『アワ・イディオット・ブラザー/Our Idiot Brother』について語るポール・ラッド

『トワイライト』最終章の新ポスター
私生活ではまだわからないが、ひとまず『トワイライト』シリーズでの共演は終了したロバート・パティンソンとクリステン・スチュワート。そんな彼らのシリーズ最終章『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2』の新たなポスターが公開された。

何かに向かって走る、エドワード(ロバート)とベラ(クリステン)、そしてジェイコブ(テイラー・ロートナー)。全米公開は11月16日、日本公開は12月28日(金)だ。