日産、コンパクトセダン「ラティオ」をフルモデルチェンジして発売

写真拡大

日産自動車は5日、フルモデルチェンジしたコンパクトセダン「ラティオ」を発売した。

「B」「S」「X」「G」の4グレードが用意され、価格は138万8,100円から169万8,900円。

同車は、世界150カ国以上で販売するコンパクトセダン・グローバル戦略車として開発され、フォーマルなエクステリア、広く快適な室内空間、高い環境性能と経済性など、世界各国の幅広い層に共通するニーズを満たしたモデルとのこと。

エクステリアでは5ナンバーセダンとしての存在感と上級感を際立たせ、広い室内空間はエンジンルームの最小化や燃料タンクの最適配置などによって実現しているという。

全車に1.2LのHR12DEエンジンとアイドリングストップ、副変速機付きエクストロニックCVTを搭載。

車両の軽量化と空力性能に優れたボディ形状の採用もあり、22.6km/L(JC08モードという低燃費を実現し、「エコカー減税」による減税措置で自動車取得税及び自動車重量税が75%減税となる。

駆動方式は2WDで、乗車定員は5名。

同時に、日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、新型「ラティオ 助手席回転シート」を設定して発売した。

価格は155万4,000円から178万2,900円。