【男性編】日常生活で緊張する瞬間ランキング


ヒャッ! ドキッ! なかなか慣れない日々の緊張





秋は春と違って、新しい緊張感はあまりないように感じられます。とは言え、緊張感がないと、うっかりミスを起こしたりするので、適度な緊張は必要です。皆さんは日常生活の中で、どのような瞬間に緊張してしまうのでしょうか? マイナビ会員の男性428名に日常生活で緊張する瞬間をお聞きしました。





Q.日常生活で緊張する瞬間を教えてください(複数回答)

1位 自己紹介 36.0%

2位 初対面の人と話すとき 29.2%

3位 人前での報告やスピーチ 25.2%

4位 「ちょっと話がある」と言われたとき 24.1%

5位 プレゼンのとき 21.7%







■自己紹介

・「ダメです。緊張しちゃいます。いつも所属と名前だけですね」(29歳/情報・IT/技術職)

・「紹介するいいところがない」(25歳/情報・IT/営業職)

・「自己紹介するときは、初対面のときが多いので緊張する」(24歳/運輸・倉庫/技術職)





■対面の人と話すとき

・「印象を良くしようと奮闘してしまう」(29歳/電機/技術職)

・「人見知り」(34歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

・「それで今後の人間関係の善し悪しが枝分かれしそうだから」(24歳/小売店/事務系専門職)





■人前での報告やスピーチ

・「主導的に話すのは苦手です。台本並みに練りこみたいですね」(35歳/その他/クリエイティブ職)

・「大勢の前だと緊張する」(27歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「複数人の前に立つと、緊張して頭がパンクする。何を話してよいのか、どうすればよいのか、まったくわからなくなる」(25歳/情報・IT/技術職)





■「ちょっと話がある」と言われたとき

・「悪い方へ考えて緊張する」(39歳/小売店/技術職)

・「ちょっと話がある、は99%怒られるので」(33歳/機械・精密機器/営業職)

・「いきなり話があるといわれると何かミスをしたか考えてしまう」(25歳/建設・土木/技術職)





■プレゼンのとき

・「あがり症だから。最初はよくても、話している途中から声が震え出す」(27歳/建設・土木/技術職)

・「声が小さくなるので、第一印象が気弱な人間に見られてマイナスからのスタートになってしまう」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「人前や初代面の人だと普段の自分として見てもらえないので,自己紹介から始めなければならないためやりたくない」(24歳/建設・土木/技術職)





■番外編:こんなところにも緊張する瞬間が……

・電車のホームの先端に立ったとき「突き落とされるかもしれないから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・注射や採血のとき「どうも血が苦手なのか、採血のたびに倒れています」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・緊急地震速報「いまは多少は慣れてしまった部分があるが、初めて速報が来たときはかなり緊張した」(33歳/情報・IT/技術職)





総評

1位は「自己紹介」です。自分のことをアピールするのが難しく、何を言えばよいのかわからないという意見が多数を占めました。2位は「初対面の人と話すとき」。人見知りという人と、よい第一印象を与えたいという気持ちが強く出過ぎて、緊張してしまうという意見が目立ちます。





3位は「人前での報告やスピーチ」。大勢の人の前に立つと、アガってしまって、頭が真っ白になってしまうようですね。4位は「『ちょっと話がある』と言われたとき」でした。どんな話なのか不安が緊張を生んでしまうようです。改まって言われると、いい話ではないような気がしてしまいます。





5位は「プレゼンのとき」。責任感の強さが緊張度を高めてしまうのでしょうね。ランク外には電車のホームや採血など、仕事以外の項目が並びました。日常生活は緊張の連続。毎日ドキドキですね。

(文・OFFICE-SANGA 花澤和夫)





調査時期:2012年8月11日〜2012年8月16日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性428名

調査方法:インターネットログイン式アンケート