FXはじめまして[為替相場編]
「今さら?」とバカにされつつ、FXを始めてみようと思い立った『ネットマネー』新米編集部員。長引く円高にそろそろピリオドが打たれるとの耳寄り情報をキャッチしたのがきっかけだ。「株はそこそこやるけど、FXは未経験」というあなたと一緒に、いざレッスン開始!


40年以上続いた円高にピリオド。投機筋の売りで一気に円安へ

「1971年のニクソン・ショック以来、40年以上続いた超長期の円高トレンドが歴史的な大転換を迎えようとしています」と語るのは、経済アナリストの田嶋智太郎さん。

国が膨大な借金を抱えているにもかかわらず、これまでは円が買われてきた。2008年のリーマン・ショックと09年以降の欧州債務問題の影響で、海外投機筋の関心が欧米通貨の売りに向けられていたからだと田嶋さんは指摘。

「欧米の不況や信用不安が一段落すれば、投機筋の関心は円売りに向かうはず。日本の貿易赤字が拡大し、経常収支の赤字が恒常化するような兆しが表れたら、一気に円が売られる可能性も。今はまさに、円売りの仕込み時といえるでしょう」と田嶋さん。

当面は、欧州の信用不安対策、米国の株価対策に注目だ。


田嶋智太郎(Tomotaro Tajima)
経済アナリスト

証券会社を経て経済ジャーナリストに。講演やテレビで活躍中。辛口でユーモアを交えた軽快な語り口は、「難しい経済を明快に斬る」ことで定評がある。


―--
この記事は「WEBネットマネー2012年11月号」に掲載されたものです。