「Ponta」の商品交換サービスで手塚プロダクションのグッズ展開がスタート

写真拡大

現在、会員数4700万人を超え、提携企業数54社、提携ブランド数63ブラントと大きな躍進を見せる共通ポイントサービス「Ponta」(2012年10月1日現在)。

ポイント交換商品が充実していることも魅力のひとつとなっており、ポンタオリジナルグッズはもちろん、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」など人気アニメ作品のキャラクターグッズをラインナップに加えるなど、ほかのポイントカードとは違う独自の商品展開に注目が集まっている。

そんな「Ponta」に現在、東京秋葉原でアニメセンターを運営する手塚プロダクションの協力を得て、東京アニメセンター、宝塚手塚記念館、またはイベント会場でしか入手できない限定商品「特製3Dポスター『リボンの騎士(いとうのいぢ画)』」が交換商品のラインナップに加わっている。

この商品は、「手塚作品で妄想する」をコンセプトに、マンガ・アニメ業界で活躍する第一線のクリエイターが、アキバ系の手塚作品を提示する企画展「osamu moet moso (オサム・モエット・モッソ)」のために描き下ろしたもの。

『涼宮ハルヒの憂鬱』『灼眼のシャナ』『Another』などでおなじみの人気イラストレーター・いとうのいぢ氏が手掛けた「リボンの騎士」は、その中でも話題の作品となっている。

Pontaでは、この商品を第一弾として、今後も手塚プロダクションの特別取扱商品を拡充していく予定とのことなので、注目しておきたい。

詳細はPonta公式サイトにて。