「大阪府の災害対策」がテーマのテレビ番組、約8割の府民が見たいと回答

写真拡大

関西テレビは、大阪府民の身近な疑問に府議会議員が答える番組「教えて!みんなのギモン〜大阪府議会はいま〜」が10月7日からスタートするのにともない、番組テーマごとにアンケート調査を実施した。

調査対象は大阪府在住の成人男女1,000名。

調査期間は9月20日から9月21日。

「次の『大阪府議会の取組や活動』が番組で取り上げられたら、どの程度見てみたいと思いますか?」と尋ねたところ、1位「大阪府の災害対策」(「ぜひ見てみたい(32%)」、「まあ見てみたい(46.6%)」、合計78.6%)、2位「大阪府の財政再建」(「ぜひ見てみたい(26.4%)」、「まあ見てみたい(49.6%)」、合計76%)、3位「大阪府の緊急医療体制」(「ぜひ見てみたい(27.3%)」、「まあ見てみたい(48.2%)」、合計75.5%)という順位になった。

また、僅差で「生活保護支援とその問題点(合計74.8%)」、「経済・景気の浮揚対策(合計74.7%)」となり、財政問題のテーマに対する大阪府民の興味と関心の高さが伺える結果となった。

なお、1位になった「大阪府の災害対策」には、「南海トラフ地震に備えてほしい。

防波堤がヒビだらけで津波に耐えられないと思う」(65歳・女性)、「災害対策については、具体的な施策がよくわからない。

巨大地震が予想されている今、府民がよくわかるような災害対策を開示し説明してほしい」(55歳・男性)、「大阪府に引っ越してきたばかりの人や観光客が多いので、どこに避難したらいいかわからない人が多いと思う」(28歳・女性)、などのコメントが寄せられている。