兼六園、伊勢神宮、宮島がトップ3! 紅葉が美しい観光スポットベスト10発表

写真拡大

旅行のクチコミサイト フォートラベルは、同サイト会員のクチコミの評価をもとにした「国内の紅葉が美しい観光スポットランキング(10月版)」を発表した。

1位となったのは石川県の兼六園だった。

1位の「兼六園」を選んだユーザーからは、「日本の庭園美を感じることができる」「時間を忘れてしまいそうになるほど、癒やされる場所」「紅葉のライトアップは最高」など感激の声が多く寄せられた。

2位は、三重県の「伊勢神宮 内宮」。

「参道は深い森に包まれ、歩いていると静かで神々しい空気を感じる」「歩きながら浄化されていく感じ」といったコメントが寄せられた。

隣接する「おかげ横丁」も観光スポットとして人気があり、あわせて散策を楽しむ人が多いようだ。

3位は、広島県の「宮島」。

「日本国内の神社仏閣の中でもここほど飽きさせない場所はないといっていい」「宮島の紅葉は本当に美しい」といったコメントがあがっていた。

弥山にある紅葉谷公園なども紅葉スポットとして人気のようだ。

4位は、奈良県の「奈良公園」、5位は、宮崎県の「高千穂峡」だった。

6位以降は、「上高地」「嵐山」「高尾山」など、全国各地の景観地がランクインしている。

※ランキングは2012年10月1日現在