三重県伊勢市で、神嘗祭当日に行われる市民祭り「神嘗奉祝祭」が開催

写真拡大

「伊勢神宮奉仕会」および「伊勢神宮奉仕会青年部」が共催している「神嘗(かんなめ)祭奉祝委員会」は、10月14日から10月15日、三重県伊勢市で「神嘗奉祝祭(かんなめほうしゅくさい)」を開催する。

同祭りは、伊勢の神宮で行われる「神嘗祭」の当日に行われる市民祭りで、その年の「お米」を神にまつり、収穫の喜びと感謝を分かち合うという。

「神嘗奉祝祭 前夜祭」では、会場の一部を無料開放し、踊りの披露などを実施する。

開催日は10月14日(17:00から20:20)、会場は伊勢・安土桃山文化村。

「神嘗奉祝祭 初穂曳・外宮領陸曳(はつほびき・げくうりょうおかびき)」では、地元をはじめ、「徳島の阿波踊り」、「山形の花笠踊り」、「沖縄のエイサー」、「岐阜の郡上おどり」など、全国各地のお祭りが一握りのお米を持って参加。

初穂曳による新穀(しんこく、新米のこと)の奉納や、踊り披露などが行われる。

開催日は10月15日(10:00から16:30)、会場は、伊勢神宮外宮周辺。

そのほか、関連行事として「伊勢神宮奉仕会」が主催する「初穂曳・内宮領川曳(はつほびき・ないくうりょうかわびき)」も行われるとのこと。

詳細は同祭り公式ホームページで確認できる。