日本一のうなぎ好き都道府県はどこ?

写真拡大

タウンページデータベースを活用し、マーケティング情報を提供しているNTTタウンページは、独自に抽出した「都道府県ランキング」の第17弾「うなぎ料理の都道府県別分布と、うなぎかば焼きの購入金額ランキング」を発表。

同ランキングは、同社が運営する販促・マーケティング支援サイト「TPDB.jp」の特別企画として実施されている。

総務省によると、「都道府県庁所在地および政令指定都市1世帯(2人以上の世帯)の『うなぎのかば焼き』年間購入金額」の第1位は「浜松市」で6,927円。

最も少ない「那覇市(1,538円)」の4.5倍となっている。

次いで、「京都市(5,032円)」、「大津市(4,293円)」、「大阪市(4,291円)」、「名古屋市(4,278円)」となり、上位10位までに東海、近畿の7市が入った。

「都道府県別『うなぎ料理』の登録件数推移」を見ると、2002年以降は減少傾向にあり、2009年には2,993件と、3,000件を割り込んでいる。

一方で、「都道府県別人口10万人あたりに対する『うなぎ料理』の登録件数」を見ると、上位に「静岡県(6.06件)」、「山梨県(5.33件)」、「東京都(5.20件)」、「群馬県(4.73件)」、「三重県(4.53件)」がランクインした。

なお、同社では、タウンページデータベースに登録されている全国約800万件(2012年3月末現在)の情報から、「うなぎ料理」に注目し、「2011年における人口10万人あたりの都道府県別登録件数とランキングの分布図」を作成している。