栃木県小山市の名物うどんが味わえる「第2回開運小山うどんまつり」開催

写真拡大

10月20日(土)、21日(日)、「第2回開運小山うどんまつり」が、小山御殿広場(栃木県小山市役所北側)で開かれる。

小山市内のうどん店などが加盟する「開運小山うどん会」をはじめ、栃木県内、群馬県、茨城県からも名物うどん店が出店し、さまざまな自慢の味を提供する。

開催時間は両日とも10時00分〜15時00分。

「開運小山うどんまつり」は、地域で食されていたうどんを小山の名物にしようと、小山市と市内うどん店の店主たちが連携して発足した「開運小山うどん会」によるお祭り。

県内一の「小麦の里」である小山をうどんのまちとしてのブランド化をめざす。

さらに、地産地消の推進及び地域の活性化のために、小麦「イワイノダイチ」を使用した「小山うどん」をPRするために企画。

昨年第1回目が開催された。

第2回目となる今年の「開運小山うどんまつり」には、「開運小山うどん会」(会員29店)から6店のほか、昨年9月の「麺−1グランプリin館林」で57店舗の中でグランプリに輝いた群馬県板倉市の「原田製麺」(21日のみ出店)など、13店舗が出店、自慢の味をアピールする。

うどん以外にも「第1回おやま元気あっぷグルメ選手権」準優勝の「おいしいごはんみそ家米ぞう」などの飲食店が出店するほか、「おやまブランド」品の展示、販売を行う予定だ。

特設ステージでは、誰が一番決められたタイムに近い時間でうどんを食べられるかを競う「ジャストイート」を実施するほか、「よさこい」や「おはやし」などのイベントが用意されている。

さらに、10月1日から「開運小山うどん会スタンプラリー」も開催されている(来年の3月31日まで)。

参加店は「開運小山うどん会」会員の22店舗。

スタンプの数に応じて開運小山うどん会会員店で使える食事券がもらえるというスタンプラリー。

台紙はクーポンも兼ねており、会員店のうどん限定で各店100円分がサービスとなる。

ただし、台紙をもらった1店目は対象外。

詳細は開運小山うどん会のホームページを参照のこと。

「第2回開運小山うどんまつり」の会場である小山御殿広場へのアクセスは、電車の場合、JR東北本線(宇都宮線)小山駅より徒歩約8分。

車利用は東北自動車道佐野藤岡ICから国道50号を小山方面に約40分。

なお、「第2回開運小山うどんまつり」の初日にあたる10月21日(土)には、小山市内で「第7回おやま開運まつり」と「第13回おやま西口まつり」も開催を予定している。