中山美穂と向井理が共演することで話題の映画『新しい靴を買わなくちゃ』がついに公開。
(C)2012「新しい靴を買わなくちゃ」製作委員会

写真拡大

今週末、中山美穂と向井理が共演することで話題の映画『新しい靴を買わなくちゃ』が公開される。本作は『LoveLetter』の監督岩井俊二がプロデュース、ドラマ「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「ロングバケーション」などを手がけた脚本家の北川悦吏子が監督、音楽は坂本龍一、コトリンゴが担当していることでも注目の作品だ。

まずはストーリーからご紹介しよう。

ストーリー


妹スズメ(桐谷美玲)に付き添って、パリ観光にやって来たカメラマン、セン(向井理)は、パリに着くなり妹から離れて単独行動をするハメに。そんな時、ひょんなことから、向こうからやってきた日本人女性アオイ(中山美穂)の靴のヒールが折れ、その弾みでパスポートを踏まれてビリビリにされてしまう。彼女はパリ在住、フリーペーパーの編集者で、人知れず心の闇を抱えている女性だった。アオイとセンは急接近するも、センは3日後には日本に帰らなくてはならなかった。

オールパリロケでの撮影


本作はアオイとセン、そしてセンの妹スズメと画家を目指しパリで暮らす恋人カンゴ(綾野剛)の、3日間の恋の行方が描かれる。
オールパリロケだけあって、パリを代表するセーヌ河、エッフェル塔、凱旋門、アンヴァリット公園、コンコルド広場といった名所の他にも、パリで暮らすアオイやカンゴの部屋もパリのアパルトマンで撮影。アオイの部屋はフリーペーパーの編集者らしくセンスの良いインテリアに囲まれ、キッチンも広く充実。一方、カンゴの部屋はシンプルながらもモダンでスタイリッシュなテイストに。私たち観客はそんな彼らの部屋で繰り広げられる、男女の恋の行方を見守ることになる。

劇中では、アオイとセンがパリの街並を歩くシーンなどもあるが、ラストに登場する橋などはパリ在住の中山美穂が監督にオススメの橋を聞かれて提案したのだそう。その他、イースターエッグなどパリらしいアイテムも登場。様々なパリのエッセンスが詰まっている。

これまでの北川作品とは違ったヒロイン像


以前からパリに住む女性を描いてみたかったという北川監督は「いつもとちょっと違った、私が今まで書いて来た、テレビドラマとは少し違った、でも、なんか、おおおおって思う映画ができたと思ってます。」とコメント(監督ブログより)。既に試写会等で観た女性の中でも、「これまでの北川さんのドラマに登場するヒロイン像とはちょっと違う。中山美穂さん演じるアオイがセンと接するシーンでは同じ女性として見ていてイタいな……、と思う部分もあって。確かにロマンチックなんだけど、ある意味リアルとも感じる。」と話す人もおり、決していわゆる“映画に登場する美しいヒロイン”ではない中山美穂演じるアオイをどう捉えるかによって、物語の感じ方もそれぞれ違いそうだ。一方、中山美穂自身も、アオイの部屋でセンと会話をする“あるシーン”ですっぴんを披露。某女性誌のインタビューでは、「(このシーンで)メイクしているのはおかしいなと思って、本番前にメイクをとっちゃったんです。スタッフのみなさんには驚かれましたけど(後略)」と語り、アオイとしての演技にこだわったようだ。

さいごに


(ここからは、かなり個人的な感想になります……ネタバレはありませんが、先入観なしにご覧になりたい方は、観賞後お読みください)
本作で登場する向井理演じるセンは、まるで現代版シンデレラの王子様のようだった。靴が脱げる、、ではなくヒールが折れるヒロインを助け、アロンアルファ(←何故か持っている。カメラマンだから?)でくっつけてあげる。見た目はスタイル抜群、笑うと白い歯がこぼれる。白いタイツは履いていないが、その代わりにストールを常にオシャレに巻いている。人当たりソフトで時にはジョークを言って笑わせて、妹想いで優しくて、きっちり稼ぎもありつつも、理想と現実の狭間で葛藤する面も見せ、余りに余った母性本能をくすぐらせてくれる。挙げ句の果てに、実年齢よりもずっと大人で包容力があって、時にトンチンカンな言動をするヒロインに、「年上の女性にこんな事を言うのも何ですけど……そういう所が“可愛い”です」なんて言葉をちょっと照れくさそうに言ったりする。しかも、お互いがワインを飲んでほろ酔い気分の時に!

こんな年下男性が10万人もいれば、30代、40代の女性10万人が救われる、いや日本そのものが救われるに違いない。

某雑誌で「この映画を観ると恋がしたくなる!」と紹介されていたが、私はあえて付け加えたい。「この映画を観ると、“センみたいな男性に出会えるのなら”恋がしたくなる! いや、恋する! ここで恋しないでどうする!」

……と無駄にテンションが上がった所で、私はかつてヒールが折れて結局足を引きずりながら帰った、その時の靴をクローゼットの奥にしまい込んでいたのを思い出した。あれって、アロンアルファで治るのだろうか、、いや、サヨナラしよ……サヨナライツカ……で、新しい靴を買わなくちゃ(泣笑)。

『新しい靴を買わなくちゃ』
2012年10月6日(土)公開
監督&脚本:北川悦吏子
プロデュース:岩井俊二
音楽:坂本龍一
出演:中山美穂、向井理、桐谷美玲、綾野剛、アマンダ・プラマー