フランフラン新コンセプトショップ「LOUNGE by Francfranc」カフェやタッシェン併設オープン

写真拡大

 バルスが10月5日、ブランド誕生から20周年を迎えた「Francfranc(フランフラン)」の新コンセプトショップ「LOUNGE by Francfranc(ラウンジ バイ フランフラン)」を東京・南青山にオープンする。「これからのFrancfranc」を体感できるラボラトリー的な位置付けの旗艦店。ドイツ生まれのアートブックストア「TASCHEN Store(タッシェンストア)」やカフェ「MUG CAFE by Francfranc(マグ カフェ・バイ・フランフラン)」などを併設し、「時間・素材・手仕事」をテーマに様々な新しい試みを実施していく。

フランフラン実験的な旗艦店「LOUNGE by Francfranc」の画像を拡大

 「LOUNGE by Francfranc」は、青山通りと外苑西通りが交わる南青山三丁目交差点に建つ「スプライン青山東急ビル」に出店。地上1階と2階の2フロア、総面積は約350坪で、空間デザインはクリエイティブディレクター小坂竜が担当した。グラフィカルなファサードや、上質ながらカジュアルな空間を創出。1階ではキッチンツールや食器、インテリアアクセサリー、アロマグッズなどの雑貨をアイテムごとに集積し、2階は家具や照明などを様々なシーンに沿って構成する。「ホテルライクな生活」をコンセプトにデザイナーAlan Chan(アラン・チャン)と丸山敬太を迎えた新シリーズ「Francfranc HOTEL and RESORT(フランフラン ホテル・アンド・リゾート)」は、それぞれのモデルルームを設置。新たにKEITA MARUYAMA(ケイタ マルヤマ)監修のオリジナルラグラグシリーズが登場する。

 「Francfranc」のオリジナルアイテムのほか、「BALS TOKYO(バルス トウキョウ)」のアイテムや、小坂竜デザインの家具AND(エーエヌディー)シリーズ、イタリア製カードボード家具Rinato(リナート)シリーズ、アンティーク専門ショップ「Spiral in the Trip(スパイラル イン ザ トリップ)」がセレクトした60〜70年代のデザイナー作品、オーダーや焼印が可能な桐箱などを限定展開。オープンと同時にスタートするアート企画第一弾として、NYのトップクリエイティブエージェントJed Root, Inc.(ジェッド・ルート)が送るアーティストコラボレーション商品のほか、今後は北欧のヴィンテージ家具なども取り扱いが予定されている。

 「LOUNGE by Francfranc」のオープンに伴い、近隣の青山通り沿いに出店していた「AOYAMA Francfranc」がリニューアル。新たに「L・A・G by Francfranc(ラグ バイ フランフラン)」として家具をメインに展開し、青山フラワーマーケットのグリーン専門ショップ「Jungle COLLECTION(ジャングル コレクション)」を併設して10月12日にオープンが予定されている。

■LOUNGE by Francfranc
 住所:東京都港区南青山3-1-3 スプライン青山東急ビル 1,2F
 TEL:03-5785-2111
 営業時間:11:00〜22:00
 http://www.francfranc.com/