iOS 5のホーム画面の「設定」アイコンの右上に表示される(1)マークが急かされるみたいでなんか怖いのです

写真拡大

つい先日、アップルからiPhone 5が発売されました。それと同時に、「iOS 6」がダウンロード可能となりました。iPhoneやiPad、iPod touchなどを使っている人、集まって下さい。みなさんはiOS 6にアップデートしましたか?

私はまだしておりません。iPhone4SはiOS 5のままです。しばらくこのままにしておこうと思っています。ところがどっこい! ホーム画面の「設定」アイコンの右上に、いつまでも「(1)」って表示されているのです。それはまるで「早くアップデートしなよ」と言われているようで……。

この(1)マークの意味は、「ソフトウェアアップデートが1つあるよー」というアップルからの通知です。1つというのは、もちろん話題の最新OS「iOS 6」のこと。新機能は200種類以上! SafariもSiRiも向上してると言っています。

でも!

マップ(地図)が絶望的にヤバイというではありませんか。さらに、「iOS 6へのアップデート中にエラーが出てデータが吹っ飛び復元せざるを得なくなった」なんて人もたくさんいるではありませんか。そんなリスク負いたくないぃッ!!

ということでiOS 6へのアップデートは、もう少し様子を見てから〜と思っているのですが、iPhoneのホーム画面を見るたびに、この「(1)」のマークが気になっちゃう。スッキリしない。なんだか急かされているようで怖いのです。

もしもこの(1)が付いた「設定」アイコンの中へ入り、「一般」から「ソフトウェアアップデート」、そして「インストール」を押してiOS 6へアップデートしたら、この(1)マークも消えるでしょう。一仕事終わらせたような気持ちで、気分もスッキリするでしょう。

でもね、スッキリすると同時に、後戻りできない地獄へ直行するのではないかと思ったりもし、恐ろしくてしょうがないのです。「早くこっちへおいでよ……」的な、地獄への入り口なような気がして仕方ないのです。しばらくそっとしておいてほしいのです。

いろいろ考えた私は、「設定」アイコンを数ページ後ろに置くようにしました。これでホームボタンを押しても(1)を見ないで済みます。んが、「設定」をいじくるときにページを送るのが面倒くさい。1ページ目に「設定アイコン」を戻すと、やっぱり(1)が気になっちゃう。どうしたものでしょうか。

(写真、文=長州ちなみ)


画像をもっと見る