卵かけごはんに「ブラックペッパーと粉チーズ」はアリ?ナシ?

写真拡大 (全3枚)

 毎日一生懸命、食事の献立を考えて作るのは大変ですよね。結局は同じようなメニューが食卓に並んでいたり、あれこれ揃えたスパイスやハーブがキッチンに残っているなんて方も、いるのではないでしょうか…?
 そんな悩みを解消するのが『S&Bスパイス&ハーブマスターの使いこなしレシピ』(エスビー食品株式会社 スパイス&ハーブマスター/著、ソフトバンク クリエイティブ/刊)。
 大手食品メーカーであるエスビー食品は、2003年から「スパイス&ハーブマスター」という社内資格をスタートさせ、専門家を育成することで、消費者にスパイス&ハーブの奥深い魅力を伝える活動を行っています。そんな「スパイス&ハーブマスター」を取得したエスビー食品社員が、朝食・昼食・夕食と、三食それぞれのメニューに一味加えるスパイスとハーブの使い方のコツを教えてくれる一冊です。

 今回はその中から朝ごはんでおなじみ「卵かけごはん」のスパイスを使ったバリエーションを紹介します。“卵を溶いてしょうゆをかける”とワンパターンになりがちな卵かけごはんですが、一体どんなレシピがあるのでしょうか。



■カレー粉でスパイシーな味わいに
 ごはんに溶き卵、めんつゆ、カレー粉(小さじ1/6程度)を加えて混ぜ、たっぷりのかつお節を乗せます。
 カレーの風味が食欲をそそるレシピです。

使用するスパイス:S&Bカレー粉

■おろしわさびは大人の味
 ごはんに溶き卵、しょうゆ、めかぶ(1/2パック)、チューブわさび(少々)を加え、よく混ぜます。
 二日酔いの朝でもするっと入りそうですね。

使用するスパイス:S&B本わさび

■カルボナーラ風卵かけごはん
 ごはんに溶き卵、粉チーズ(小さじ2)とブラックペッパー(あらびき、小さじ1/4程度)を加え、よく混ぜる。粉チーズを減らし、しょうゆを加えてもOK。
 卵かけごはんが一瞬で、洋風でおしゃれな感じになった感じですね。

使用するスパイス:S&Bブラックペッパー

 基本レシピのバリエーションのほか、癒しのドリンク編として、徐々に寒くなってくるこの時期に、ほっと一息つけるあたたかな飲み物にもスパイスやハーブで一工夫できるレシピが紹介されています。



■ローズマリーグリーンティー
 煎茶(大さじ1)、ローズマリー(少々)を入れて湯を注ぎ、ふたをして1分間ほど蒸らしてカップに注ぐ。
 いつもの緑茶がこれだけでハーブティーに変身。ローズマリーには一説によると記憶力や集中力を高める効果があるとの研究結果もあるので、午後のひとときにいただくと、そのあとの家事や仕事がはかどるかもしれません。

使用するハーブ:ローズマリー

 このほか、スパイスの定番、カレーを使ったカレーレシピや、ランチ・夕食・夜食のメニューについても「スパイス&ハーブマスター」が新たなスパイスの使い方を提案しています。
 定番メニューをガラっと変えてくれるスパイス&ハーブ。
 これらの基礎知識から、手が込んでいるように見えて実は簡単な各国料理や、パン・お菓子などまで網羅している本書を活用して、料理のレパートリーをぐんと広げたり、今まで知らなかった新しい味に出会ってみませんか?
(新刊JP編集部)