自分自身の介護費用をためていない人は77.8%! -オヤノコトネット調べ

写真拡大

”親のこと支援”ポータルサイトを運営する「オヤノコトネット」はこのほど、「介護の備えに関するアンケート」の調査結果を発表した。

この調査は、同社が7月14日〜15日に開催した「オヤノコト.エキスポ2012」にて、来場者356人に記述式アンケートを行ったもの。

回答者の性別は男性48.6%、女性51.4%。

年齢は10歳〜84歳で、40歳〜64歳が全体の63.8%を占めた。

「自身が要介護状態になった場合を想定し、不安なことや気になることがあるか」を聞いたところ、70人が「介護費用や生活資金などの”お金の不安”」があると答えた。

自由回答では「生活と介護にかかるお金が底をつかないかどうか不安」「介護費用。

安い老人ホームがなかなかない。

特養(特別養護老人ホーム)が2年待ちの状態とも聞いている」「一人暮らしなのでお金を残していないと老後が心配」などの声があがった。

「自身が要介護状態になることを想定して備えていること」という問いでは、「介護保険等の社会保障制度に関する情報収集」をしていると答えた人がもっとも多く36%だった。

「介護費用の貯蓄」については77.8%が行っておらず、介護費用の備えとして「民間の介護保険への加入」を行っている人は9.8%に止まった。

この調査結果を受け同社は、「介護のお金の備え応援プロジェクト」を緊急発足。

メディアやセミナー等を通じて、介護のお金の備えに関する実用性に富んだ情報提供を重点的に行っていくと発表した。

詳細情報は「オヤノコトネット」へ。