好きな秋の味覚&もらいたい秋の味覚は「梨」が人気。 - 秋の味覚調査

写真拡大

伊藤忠食品が運営するギフトカードモールジャパンは、全国の30〜59歳の男女を対象に、秋の味覚に関する調査を実施した。

調査は9月18日・19日の2日間に行い、有効回答数は677人だった。

 最初に「秋が旬の食べ物で好きなものは?」と尋ねたところ、「梨」が77%でトップだった。

続いて「サンマ(62.6%)、「ぶどう(56.7%)」という結果に。

また、「秋が旬の食べ物でもらったらうれしいものは?」という質問でも「梨(61.3%)」は、秋の味覚の王様といえる「マツタケ(55.7%)」を2位におさえて1位となった。

3位は「お米(48.3%)」だった。

次に「秋の食材として思い出される地域は?」と尋ねたところ、1位は「北海道(41.1%)」だった。

2位には人気食材1位の梨・3位のぶどうの産地としても有名な「山梨県(30.7%)」。

また、お米の産地が多い東北地方も上位に多くランクインしている。

また、「秋の行楽シーズンに出掛けたくなる地域は?」という質問では、1位となったのは「京都(32.6%)」だった。

2位には「北海道(30%)」、3位には「長野県(19.8%)」、4位には「山梨県(16.8%)」。

「秋の食材として思い出される産地は?」という質問で上位にランクインした地域が上位に入っている。