ベトナム発”可変”ロボが日本上陸! ダンスロボに変形する高音質ポータブルスピーカー「mRobo」- CEATECで登場!

写真拡大

10月2日より千葉県・幕張メッセで開催中の「CEATEC JAPAN 2012」ライフ&ソサエティステージに出展しているベトナムの「TOSY ROBOTICS JSC」(出展小間位置 5B104)が、自社ブースにて”ダンスロボットに変形するポータブル・スピーカー”「mRobo」のお披露目会を行った。

TOSY社はこれまでに「TOOP」や「AFO」といったハイテク・トイや、オーディオ関連製品を手がけてきたメーカー。

1月に米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「CES2012で、初めて「mRobo」の試作品を公開し、ジャスティン・ビーバーを招いたイベントとともに世界中で話題となった。

今回のCEATECでは、製品化に向けてさらに進化したバージョンを出展しており、3日11:00からのステージが日本での初公開となった。

「mRobo」はまず、スタッフに抱えられてスピーカー形態で登場。

最初は想像よりも大きい印象で”ブーンボックス”と呼ばれる大型ラジカセを思わせたが、資料によれば幅20cm強。

実際はそこまで大きくないようだ。

TOSY社によれば、このサイズの決定こそ、ポータブル性と高音質・重低音を両立させるために一番頭を悩ませた点だとか。

腹部のスピーカーから音が出はじめると、いよいよ変形スタート。

左右にはね上げたような形の脚が展開され、そのままスクッと立ち上がる。

ボディの前方に収まっていた腕が動き出す。

胸部が開き、収納されていた頭部が「ジャキーン!」という勢いで飛び出すと、変形完了! CESの試作バージョンより、はるかにスタイルがよくなった。

そして、自ら流すマイケル・ジャクソン「ビリー・ジーン」などのダンスMIXに合わせ、キレのある動きでダンスを披露。

まだ少々あぶなっかしく、スタッフの助けを借りる場面も多かったが、見事に踊り切って最後は再びスピーカー形態に戻ってみせた。

まさに、80'sロボットアニメ世代の夢のキーワード”可変”がここに実現! といった趣きで、変形パターン自体はシンプルだが、やはり自動変形は感動モノだ。

以下、配布資料を元に「mRobo」のスペックをご紹介しよう。

サイズはスピーカー形態で幅210×奥行120×高さ245mm、ヒューマノイド形態で幅640×奥行120×高さ600mm。

重量は2.5kg。

リチウムポリマー充電池(15V、1500mAh)で駆動し、動作時間はミュージックモードで6時間、ダンスモードで2時間。

可動部自由度は頭部2、腕4×2、脚3×2で計16。

接合部は合計27に及ぶ。

内蔵メモリは2GBで、インターフェースはUSB2.0とBluetooth、3.5mmオーディオジャックを搭載。

スピーカー出力は30W(サブウーファー×1、ツィーター×2)。

バッテリーと充電器、リモコンが付属する。

提供形態などは未定だが、mRobo専用ソフトウェアも用意。

専用サーバ「TOSY StoreRobo」からモーションファイルをダウンロードしてmRoboと同期させる「Tune Robo」と、ユーザー自身がmRoboのモーションファイルを作成・編集し、サーバに投稿もできる「Edit Robo」の2本のリリースが予定されている。

ステージ終了後には、通訳担当の方を通して、国際広報担当のTRANG PHAM(チャン・ファム)さんはじめスタッフの方にさまさまなお話を聞くことができた。

「mRobo」は来年夏の世界発売を予定しているが、現時点では販売チャネルなどは未定とのこと。

価格もまだ全くの未定だが、200ドル代の戦略的な低価格を目指しているという。

もし実現すればとんでもなく安い!! が、あくまで未定なのであしからず。

基本的な設計は完成しているが、外装デザインなどは、発売に向けてさらに改良されるとのこと。

現状ではスピーカー形態でも手足がどう収まっているか分かるが、製品版はよりカッチリと箱っぽくしたいそうだ。