住みやすいのはドッチ!? 安心の低層階と憧れの高層階

写真拡大

お部屋を借りる際に、見晴らしの良い高層階に住もうか、それともエレベーターが止まっても生活に支障のない低層階にするべきか、悩んでしまいますよね。

さて、本当に住みやすいのはどちらなのでしょうか。

不動産コンサルタントの楯岡悟朗さんに、階層を選ぶポイントについてお話をうかがいました。

(※1〜3階を低層階、4、5階以上を高層階としています)■それぞれのメリット、デメリットを知ろう楯岡さんによると、まずはそれぞれの特長を知ることが大切だと言います。

【高層階のメリット】・日当たりや眺望の良い・解放感がある・資産価値が高い・外の通行音が気にならず静か・虫が上がってこない反対に、デメリットは、「暑い、外に出るまでに時間がかかる、災害時などにエレベーターが止まると上り下りが大変、火事のときにはしご車が届かないことがある」などあります。

【低層階のメリット】・涼しい・上層階と比べると家賃が安い・物件によっては共用部分として専用庭がついているところもある・災害時の避難が容易(すぐ外に出られる)デメリットは、「セキュリティー面での不安、物件によっては日当たりや眺望があまりよくないこともある、前面が道路だと人や車の通行音が気になる」などがあります。

それぞれに相反するメリット、デメリットがあり、物件によっても条件はさまざまに異なりますので、まずは、この特長を認識しながら、次に考えるのはこだわりたいポイントです。

「自分たちがどのように暮らしていくか、まずイメージしてみましょう」と楯岡さんは言います。

■実際に生活することを想定してチェックを「私が見た感じでは、女性や新婚の若いご夫婦などは、セキュリティー面から上層階を選ぶ傾向があるようで、若い男性は比較的階数にはこだわらない方も多いですが、40代以降の男性は、高層階を好む傾向がありますね」(楯岡さん)少し前は、「上層階は水が出にくい」とか「ゴミ捨てが大変」などと言われることもありましたが、最近の物件では少ないようです。

ただ、システムや設備が充実している物件は、比較的新しく家賃も高めですが、必ずしもそうではない物件もあるのが現状です。

また、古いマンションだとエレベーターがすべての階にはとまらず、近くの停止階から階段で移動する「スキップフロア」もあると楯岡さんは言います。

「いざというときの設備や避難経路の確認ももちろん大切ですが、移動やゴミ捨て、水の確保、通風や換気など、日々の生活における利便性も事前にチェックすることが大切ですね」(楯岡さん)■自分が「一番求めるものは何か」を知って選ぶそれでは、マンションの階数を選ぶ“決め手”は、何になるのでしょうか。

「ズバリ、それは“予算”と“自分が求める条件”です。

高層階に行くほど金額は上がるので、予算も決定のひとつの大きなポイントになると思います。

予算を考えながら、自分がこだわりたい点について考慮してみると、例えば、セキュリティー面の充実、防災面での安心、プレミアム感やステータス、静かな生活など、『譲れない点』を見極めることが決め手となると思います」(楯岡さん)低層階、高層階それぞれのメリット、デメリットをよく知った上で、自分が一番求める条件と家賃のバランスを見て選ぶのが賢明と言そうですね。

取材協力:不動産コンサルタント/きねや不動産株式会社営業主任 楯岡悟朗さん(文・エフスタイル)

続きを読む