ポール神田の世界は英語でつながっている! (4) 英語学習は、モチベーション維持がすべてだ!

写真拡大

■成果が見えにくい学習に指標を作ろう!英語学習の一番の問題点は、成果が見えにくいところだ。

どれだけ勉強をし、努力をしてもすぐには結果が出にくい。

試験などに置き換えると、年にたった数回の機会しかそのチャンスは訪れない。

昇進や受験などの試験に至っては、年に一度で、そのすべてが決まってしまう。

就職試験では、その人の人生そのものを左右してしまうほど。

通常、ビジネスの世界では、ROI率(return on investment:投資利益率)として、投資に対してどれだけの利益があったのかが重用視されている。

これを、語学に例えると「ROT率」に適用できると思う(returnon time:時間利益率)。

つまり、投資した時間に対しての利益だ。

英語学校や英会話に投資する金額と共に、そのために費やした時間。

移動やそのための準備の時間。

膨大な時間をかけて学習しているが、利益のあまり見えない時間となっていることが、学習のモチベーションをもさげている。

しかも、モチベーションは一番最初が高く120%以上はある(笑)。

そこからモチベーションは上がることなく右肩下がりの一方だ。

そこで、そのモチベーションをどうやって持続させるかが今回の課題だ。

年に一度しかない試験からは、自分の「利益」はなかなか見えてこない。

これでいくら「頑張ろう!」と思ってもがんばりようがない。

しかも、この「利益」は金銭的な利益でなく、英語によって人生の機会が得られるという「過程=process」にすぎない。

本当の目標はもっと、遠くにある。

しかも「過程=process」は目標にしにくく、目標にしにくいものは、モチベーションを持続しにくい。

そこで、「KPI=key performance indicator」という「重要業績評価指標」というプロセスをモニタリングするための指標を用いてみたい。

簡単に言うと、「努力の見える化」だ。

いま、自分がどこの位置にいるのかが、日々わかれば、進化が喜びとなるからだ。

昨日よりも今日、今日よりも明日、明日よりも明後日と…人間は上達しなければモチベーションを維持できない。

だから、自分の学習パフォーマンスをKPI化(見える化)しなければならない。

■ 英語の学習はギターの練習と似ている。

最初にギターを始めようと思った動機はなんだろうか? 純粋にギターがうまくなりたいだけの人は実は少ない。

ギターを弾けるあの人のようになれれば。

きっと、おいしい事があるというヨコシマな発想がほとんどでは?特に男性の場合は…(笑)。

それでギターを買うには色々調べる。

よくわかっている人に付き合ってもらってお店にいく。

ケースも買って購入した日は、愛おしくてベッドにまで抱えこんで寝てしまうほどだ。

英語教材や学校探しも、それによく似ている。

練習しはじめると、すぐに指が痛くなるけれども、ゼロから一になる瞬間、人間の習熟度の進化の加速度ほど激しいものはない。

チューニングを覚え、コードを3つばかり覚えるとすでに曲を弾いている。

弾けない人が弾ける人に変わった瞬間だ。

これは快感だ!英会話でもゼロから一になる瞬間は、とても楽しい。

話せた!わかった!通じる!この感覚はいくつになっても嬉しいものだ。

文化のまったく違う外国人とのコミュニケーションは学習ではなく、エンタテインメントでもある。

他の言語も、まったくダメな人から見れば、ロシア語や中国語やインドネシア語で挨拶できるだけでもゼロから一の進化は雲泥の差である。

日本では義務教育から大学を合わせて10年は英語を学んでいるが、会話に関してはゼロという人が残念ながら非常に多い。

しゃべる機会がないからゼロのままである。