兵庫県・尼崎には世界最大級の「貯金箱博物館」がある?

写真拡大

40代以上のほとんどの人が、貯金箱を使っていた経験があるだろう。

その昔は貯金を促すために、いろいろな金融機関がオリジナルの貯金箱を作成して配布していたものだ。

鉄人28号や月光仮面といったキャラクターの貯金箱などは、お宝鑑定番組などに登場することもあるので、30代以下でも見たことがある人は多いはず。

そもそも、貯金箱の起源はいつなのか? 実は、中国で発見された約2100年も昔のものが最初のものだと言われている。

その後、日本でも多くの企業がノベルティとして配布していたが、最近ではそうしたサービスはめっきり減ってしまった。

ところで、そんな貯金箱のことを紹介している博物館が、兵庫県にあるのをご存じだろうか?「尼崎信用金庫 世界の貯金箱博物館」は阪神尼崎駅の南側にある。

館長の石山朋幸さんいわく、「うちには日本はもちろん、欧米やアジア、中東などの国で作られた貯金箱までがそろっています。

生産国は全部で62カ国、点数は1万3,000点以上にのぼります」とのこと。

もちろん、この数字は世界最大級。

「貯金箱には、それらが作られた時代背景が色濃く反映されていますから、貯金箱を見ると時代の移り変わりを知ることができます」(石山さん)。

尼崎信用金庫では昭和40年代はじめ頃から、貯蓄と人々の暮らしの関わりを示す貴重な文化資源として貯金箱の収集を続けてきた。

そして昭和59年(1984)、「昔の貯金箱博物館」の名称で博物館をオープンさせた。

「貯金箱は貯蓄と人との関わりを示す文化資料として価値の高いものですが、加えて、芸術品としても十分鑑賞に値することが分かってきました。

そこで、“文化の器”を作る目的でこの博物館を開館することにしたんです」と石山さん。

開館後、コレクターからの寄贈があったり、欧米のコレクターが所属していたもの約4,000点を購入したりするうち、所蔵点数はさらに増加。

そして平成2年の暮れ、創立70周年記念事業の1つとして本店が移転した際に、現在の「世界の貯金箱博物館」へと改称した。

貯金箱は貯金箱の歴史をはじめ、外国らしい貯金箱や昔懐かしい貯金箱、ICが組み込まれたハイテク貯金箱など、12のテーマごとに展示されている。

「中でも、直接手に触れることができるカラクリ貯金箱のコーナーは人気があります」(石川さん)。

博物館では常時2,500点ほどの貯金箱を展示しているが、所蔵しているものを順次見せるために、年間スケジュールで特別展も行っている。

2012年は「招き猫貯金箱展」や「世界の珍品貯金箱展」などを企画し、10月は「貯蓄の日貯金箱展」を開催している。

数ある貯金箱の中でも注目したいのは、アンティークなもの、そして、日本では思いつかないような素材で作られたものだ。

日本では、ブリキなどの金属やプラスチック製のものがほとんどである。

しかし世界には、ヤシの実や毛布、紙、ゴム、ガラス、竹など、思いもかけないようなもので作られた貯金箱もあるのだ。

貯金箱はただお金を預けるだけの道具だと侮っていた人は、ぜひこの博物館に足を運んでもらいたい。

世情やお国の特性などが、これら貯金箱を通しておしはかることができるのだ。

実物に触れ、ちょっと懐かしいマネーなひと時を楽しんでみるのも面白そうだ。