福岡の焼鳥店で、頼みもしないのにでキャベツが出てくる理由

写真拡大

福岡で焼き鳥屋に入り焼き鳥を頼むと、すっと出てくるキャベツをのせた大皿。

キャベツなど頼んでいないのに、なぜなんだ? その理由を探ってみた。

福岡を代表する食といえば、ラーメンにもつ鍋、そして焼き鳥だ。

この焼き鳥が他の地域のものと違い、豚肉や魚介類、野菜など、鶏肉以外のメニューが豊富にそろっている。

さらに決定的に違うのは、ざく切りのキャベツがオーダーしなくても出てくることだろう。

初めて福岡の焼き鳥屋を訪れた人はこれに驚くのだ。

やがて焼き鳥が焼き上がってくると、次々にそのキャベツの上に置かれていく。

ははーん、これは刺し身のツマか洋食に添えられているパセリみたいなものかと早合点しそうになるが、実は違うのだ。

テーブルに置かれたポン酢ベースのタレをキャベツにかければ、焼き鳥が運ばれてくるまでのつまみになる。

焼き鳥がのったらのったで、焼き鳥の脂やタレがいいあんばいにキャベツに混ざり、さらにおいしいつまみに変身するのだ。

思わずパクパク食べてしまい、お替わりしたくなるが、そもそもこれっていったいいくら? と気にもなる。

けれど、心配はご無用。

なぜならこのキャベツ、ほとんどの店でお替わり自由の無料サービスなのだ。

でも、こんなおいしいサービス、いったい誰が始めたんだろう?九州でも有数の劇場、博多座。

その東隣に焼き鳥店「天下の焼鳥信秀本店」がある。

キャベツサービスを考案したのはその店主、安岡英雄さんだ。

安岡さんは昭和39年(1964)に脱サラ。

屋台の店主となったが、勉強のため各地を食べ歩いていた時、大阪の鉄板焼屋で生キャベツのサービスに出合った。

ソースをかけただけの生キャベツだったが、鉄板焼にマッチしていて、これはいけると直感した。

ただ、焼き鳥にソースは合わないので、試行錯誤の末にオリジナルレシピのポン酢を考案。

お客に出したところ、大受けしたという。

同時に、安岡さんは焼き鳥メニューを増やそうと、定番の鶏肉のほかにイカゲソやエビなどの魚介類やエノキなど野菜を使った肉の巻物を開発していった。

こうしてメニューが増えるとさらに人気が加速して、他店でもいろいろ工夫する店が出始めた。

串にささっていて食べやすく、野菜も魚介類も食べられるとなれば、女性のお客も増えてくる。

女性といえばサラダが好きだが、サラダ感覚で食べられるキャベツがたっぷりあるのは好印象を与えた。

また、焼き鳥には豚バラや牛タンなどこってりしたものも多いが、キャベツがあと口をスッキリさせてくれるばかりか、消化も促してくれる。

となると食も進み、ビールもおいしくなるし、まさにいいことづくめというわけだ。

そうした背景もあって、キャベツ人気は一気に広まり、その過程で、種類も豊富な今日の福岡・博多焼き鳥スタイルができ上がっていった。

ところで、今年で創業48年を迎える信秀本店には外国からのお客も多い。

最近は特に韓国からのお客が増えているという。

それには、安岡さんのもとで修業した韓国人スタッフが、釜山やソウルで博多式の焼き鳥店を開業して人気を呼んでいることが関係しているようだ。

なんと、安岡さんは韓国の地元メディアに大きく取り上げられ、韓国ではちょっとした有名人になっているというのだ。

有名人のお店を訪ねたいと思うのは万国共通。

もちろん、海を越えてもキャベツは大好評。

というわけで、福岡の焼き鳥はいつの間にか世界にも羽ばたいていたのだった。

● Information 天下の焼き鳥信秀本店 福岡市博多区下川端町8-8