東京都文京区で、森鴎外や夏目漱石など文人にちなんだ銘菓を販売開始

写真拡大

東京都文京区で「文の京(ふみのみやこ)ゆかりの文人銘菓」と題して文京区にゆかりのある文人にちなみ創作されたお菓子が、10月1日から発売されている。

森鴎外生誕150年記念事業の一環として行われるもの。

販売されるのは文京区内の17か所の菓子店。

森鴎外にちなんだお菓子は、鴎外の代表作である「山椒大夫」をイメージした「ケーク・アンジュ」、乳製品、小麦粉、卵を使用しないヘルシーなお菓子、「文のいやし」がある。

鴎外の住居「観潮楼」をイメージした「観潮楼 銅鑼の音」、観潮楼にあった銀杏をモチーフにした「観潮楼のいちょうサブレ」、鴎外も好んだと言われる食べ物を盛り込んだ「テベールおうがい」など。

「鴎外の思い出 リンゴのコンポートとマスカルポーネのムース」は小説「舞姫」の題材となった、ドイツ時代の若かりしころの鴎外とエリーゼとの恋をイメージしたもの。

「抹茶バウムクーヘン」もドイツ時代の鴎外を感じさせる一品。

さらに「鴎外餅」、「エリス」、「抹茶漬け」、「お玉」が販売されている。

夏目漱石にちなむお菓子は、その名も「そうせき」、作品「吾輩は猫である」をモチーフにした「吾輩は猫である」、「猫のひとりごと」、「吾輩はねこパンチである…」、「虞美人草」をイメージした「卵糖〜パティシエが作ったカステーラ〜」。

ほかにも樋口一葉のイメージとしたお菓子として作品「にごりえ」に登場する桃をあしらった「一葉の桃」がある。

文京区はかつて幕府の教育機関「昌平坂学問所」があり、その跡地に師範学校、女子師範学校が設立された。

さらに東京大学があった事からその周辺に多くの出版社が集まった。

それに伴い森鴎外、夏目漱石、樋口一葉などの文人が居を構えた地域。

そのほか、坪内逍遥、石川啄木なども文京区に住んだ。

詳細は文京区HPを確認のこと。