冷蔵庫チェッカーDX

写真拡大 (全3枚)

 BIGLOBEは10月2日から、冷蔵庫の中の食材を登録し消費期限切れなどを防ぐAndroid向けアプリ「冷蔵庫チェッカーDX」をリリースした。値段は170円で、Google Playよりダウンロードできる。

 同アプリは、無料版「冷蔵庫チェッカー」の機能を強化したもので、9月より「auスマートパス」向けに先行配信を開始している。

 肉・野菜など140種類以上の食材リストから購入したものを選択し、個数を入力して食材を登録すると、食材の消費期限が近づくと通知エリアに表示される。また、「Kirei Style」などのレシピ情報と連携して、食材からレシピを検索できる機能のほか、水、アルファ化米、バランス栄養食などの非常食も管理できる「収納庫」を有料版限定で提供する。

 同社の美容・ライフスタイル情報サイト「Kirei Style」と連携して実施した「食材の消費期限に関するアンケート」では、約8割の人が、食品の消費期限を意識しているが、この1ヶ月以内で消費期限切れや傷みにより食材を捨てたことがあると回答しており、このアプリは、食材の無駄な廃棄を減らすことで、節約やエコな生活をサポートするという。