“デキる”女性に見える大人メイクの秘訣(ひけつ)は「スキンケア」にあった!

写真拡大

学生時代の“自己流”メイクやギャルメイクはもう卒業! オフィスで求められるメイクは、“知的で落ち着きを感じさせる”メイク。

第一印象をメイクが左右することも多い女性。

第一印象で相手に好印象を残す、そのメイク術は?「カギは“スキンケア”」と語るのは、ドラッグストア、スーパーなどで無料配布している小冊子・資生堂『BeautyBook』の石川編集長。

ナチュラルなメイクが好まれるなか、そもそものベースとなるスキンケアこそ命。

では何をどうすれば? 石川編集長にきいてみた。

■洗顔皮脂汚れやメラニンを含んだ古い角層をきちんと落とせる洗顔は、美肌への第一歩。

くすみや毛穴の目立たない明るい素肌を目指すなら、よく泡立てて丁寧な洗顔を。

人肌くらいのぬるま湯で、十分にすすぐことも大切です。

■化粧水洗顔後は、すぐに化粧水で保湿を怠らず! 化粧水は肌をうるおいで満たして透明感を引き出すことに加えて、後に使う乳液のなじみも高めます。

コットンにたっぷり含ませて、中心から外側に下から上へやさしくなじませましょう。

■乳液乳液はベタつきが気になるからと敬遠してはダメ。

これからの季節は絶対に必要です。

うるおいを逃さずキープするほか、キメを整えたりツヤを出したり、化粧のりの良い美肌に整えてくれること間違いなし!ちなみに、これからの季節も紫外線対策は必須。

“知らぬ間の日焼け”に要注意! また、ずっとオフィスにいても、思わぬところで肌はダメージを受けているもの。

石川編集長は「オフィスにいるときには、ミストタイプの化粧水で、水分補給を心がけて。

通常の水ではかえって乾燥を招くことになるので要注意。

目元が疲れたときは、眉頭下のくぼみを軽く指圧すると、目のまわりがすっきりします」とアドバイス。

むくんだり、かさかさ肌では突然の来客にも対応できないですよね。

デキる女子はこまめにこっそりスキンケアをしましょう。