58.1%の女性が「リバウンド経験あり」。理想は「藤原紀香」 -マーシュ調べ

写真拡大

インターネット調査会社の「マーシュ」は2日、「ダイエットと理想のスタイルについて」アンケート調査結果を発表した。

同調査は、全国の10代(高校生以上)〜40代の女性を対象に、9月18日〜20日までインターネットにて実施。

各年代200人ずつ、計800人から回答を得たもの。

「現在の体型、スタイルについてなにか不満はあるか」を聞いたところ、88.7%の女性が「不満あり」と答えた。

次に「現在ダイエットをしているか」を聞いたところ、「している」と答えた女性が37.0%、「過去にしていたが、今はしていない」という女性が37.3%となり、進行中の人も含めたダイエット経験者は74.3%と7割を超えた。

続いて、現在ダイエットをしている296人に「ダイエットの目標として意識しているもの」を聞いたところ、もっとも多かったのは「体重」(81.1%)。

次いで「見た目-ボディライン」(75.3%)、「見た目-全体のバランス」(57.4%)、「体脂肪率」(56.8%)、「ウェスト、ヒップなどのサイズ」(53.7%)となった。

また、ダイエット中の女性296人が「ダイエットのために行っていること」は、「食事制限(回数、量、カロリーなどを減らす)」が60.1%で第1位。

続いて「おやつ、間食、夜食を控える」(56.4%)、「食生活の改善」(53.4%)、「軽い運動を心がける」(50.3%)となった。

「その他」のダイエット方法としては「整体」「岩盤浴」「姿勢をよくする」などが挙がった。

現在ダイエット中、または過去にしていたという女性594人に「リバウンドした経験があるか」を聞いたところ、58.1%の女性がリバウンド経験ありと答えた。

また「リバウンド経験は1回だけ」という女性よりも「2回以上リバウンド経験あり」という女性の方が圧倒的に多かった。

ダイエット経験に関わらず、全員に「もっとも理想的だと思うスタイルの女性」を挙げてもらったところ、第1位となったのは「藤原紀香」で43票。

以下「米倉涼子」(37票)、「香里奈」(27票)、「綾瀬はるか」(20票)と続いた。

調査の詳細は「マーシュの公開調査データページ」で閲覧できる。