(ネタバレ注意)アニメ「中二病でも恋がしたい」第1話、捨てないで欲しい

写真拡大


(画像:「中二病でも恋がしたい」公式webサイトより)
(C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

登場人物
主人公:富樫勇太(とがし ゆうた)
ヒロイン:小鳥遊六花(たかなし りっか)

第1話「邂逅の…邪王真眼」
富樫勇太は、元中二病。中学の卒業とともに「中二病」を卒業した。

しかし同時に、「中二病」は彼にとって、闇に葬り去りたいほどの忌まわしい記憶となった。

順風満帆な高校生活が過ごせるよう、入学初日「生涯封印!」中二病との決別を誓ったのだ。

しかしその矢先、勇太は一人の少女と出会ってしまった。

それは夜、自宅で荷物を片付けていた時だ。ベランダで、見慣れない一本のロープが垂れ下がっているのが目についた。

勇太は、一体何だろうとベランダに近づいた。すると、上から女の子がロープを伝って降りてきた。

年齢は同じくらいだろうか。ショートボブで、眼帯を付けた少女。少女はそのまま下へと降りていった。勇太は今、一体何を目にしたのだろう。

・全ての封印
新たな学校生活。ここには、昔の自分を知っている人間はいない。中学の頃の同級生が、誰も入らないような学校をわざわざ選んだのだ。中二病の自分はもういない、今日から高校デビューだ。

体育館裏、勇太は儀式の為、あの忌々しい言葉を口にした。

「闇の炎に抱かれて消えろっ!」

その、悶え死にそうに恥ずかしい決め台詞に続き、決別の言葉を叫んだ。

「生涯封印!」

これで、完全に中二病が封印された。これから、新たな”普通の”高校生として、生まれ変わったのだ。

・新たな生活の幕開けとなった
学校の教室。見知った顔は誰もいない。中学校の頃、重度な中二病のセリフで自己紹介を行なって以来、誰一人近寄って来なかった忌まわしい記憶も、もう過去の物。

今も後ろから、クラスメートが声をかけてきてくれている。高校生らしい自己紹介、高校生らしい会話。勇太は、これを求めていた。もう、中二病の自分はどこにもいない、一般人としての生活が送れるのだ。

さて。

後ろの席のクラスメート、誠と会話が終えて前を向くと、妙なポーズで頭を抑えている少女が目の前にいた。ショートボブ、右目には眼帯。こちらをまっすぐ見つめていた。

「やっと巡り会えたと言うのか。」

などとわけのわからない事を言ったあと、急に頭を抱えだした。眼が共鳴している、と叫びながら、目を抑えてうずくまった。そして、幾星霜の時を経て、ここに来た、などとつぶやいている。

さらに目を抑え、「目が、目がぁぁぁ」と叫ぶ女子生徒を、勇太はとりあえず保健室に連れて行く事にした。ここで、対応を誤るわけにはいかない。

・運命の言葉
保健室、保健の先生は現在不在。とりあえず勇太は、問題の女子生徒に、棚にあった目薬を手わした。

そして勇太は改めて聞いた。昨日の夜、勇太の部屋のベランダにロープを垂らし、降りていたのは何の真似かと。少女は、その理由についてこう答えた。

「共鳴したから、この眼が。そう、悠久の過去、私と貴方は出会っている。」

何でも、勇太を見た瞬間、その因果を邪王真眼が教えてくれたのだそうだ。なので、接触のチャンスを伺っていたとの事だ。

つまり、今手渡した目薬を手の平に垂らし、味見をしているこの奇っ怪な少女は、勇太のストーカーと断定して間違ないと言う事だろうか。

今も、この苦さ、やはり闇の組織が、など妙な事をつぶやいている。

「邪王真眼は、聖なる心によって、闇の力を御している物。従って、闇に冒された者は元より、浄化された聖水を危険な物として受け付けない。」

つまり、今手渡した目薬を拒否された、と言う事だ。

間違いない、この少女は中二病だ。勇太がそう確信した時、驚くべき事を少女は口走った。

「危うく罠にはまる所だった、これからは注意して、ダークフレイムマスター。」

世界が、全てが凍りついた。”ダークフレイムマスター”。その名を、勇太が忘れるわけがない。

少女は構えを取った。

「闇の炎に抱かれて…!」

少女が最後まで叫び終わる前に、勇太の叫び声がそれを静止させた。

ダークフレイムマスターは、中学の頃の勇太の二つ名、そして闇の炎の決めゼリフも、当時の勇太が好んで使っていたものだ。

何故、この少女がそれを知っているのか。この少女は何者なのか…?

・クローズアップ
眼帯が目印のヒロイン・小鳥遊六花。とにかく、現在中二病まっただ中の彼女は、中二病ゼリフをつぶやき続けながらも勇太につきまとう事になる。

しかし、中二病そのものを否定し、拒み続ける勇太に、どこか寂しそうな表情を見せる事になる。恥ずかしいと思う勇太の過去を、六花はかっこいいと断言した。

唇を噛み締めながら勇太を見つめ、つぶやいた。

「捨てないで欲しい。」

勇太は、その真っ直ぐな瞳に何を感じ取ったのだろうか。

【記事:フェイトちゃん】

【関連記事リンク】
【東京ゲームショウ2012】4gamer.netで、1100枚に渡るコンパニオンの写真がZIPで配信中

▼外部リンク
中二病でも恋がしたい