「ズゴックとうふは通常の三倍、限定版を作った」相模屋社員の言葉と、ある家庭のジオン風食卓の光景

写真拡大

10月3日、相模屋食料の新商品「鍋用! ズゴックとうふ」と「ザクとうふ デザート仕様」の販売が、関東地区を中心としたスーパーマーケットやショッピングモールなどでスタートした。

本記事では、昨日の発表会終了後(発表会の模様はこちら)に少しだけ聞くことができた相模屋社員の言葉と、試食会の模様に加え、実際に我が家で新型とうふ2機(丁)を食した体験型レビューも交えてお伝えしたい。

まず、昨日の発表会修旅後の試食会では、鮭と水菜と一緒に鍋で煮込まれたズゴックとうふを食べることができた。

まずは一口、なるほど普通のとうふと比べて崩れにくく、しっかりした歯ごたえ。

だがそれ以上にとうふのうまさに驚いた。

こういったコラボフードはデザインや話題性に比べ、味が軽視されやすいものだが、この「ズゴックとうふ」は味だけでも勝負できるほど、食べた瞬間に違いが分かる。

”ほんのり昆布風味”とのことで言われなければ昆布だとは分からないが、ただの豆腐とは何か違う。

それくらいの調整で、これならどんな調理、味付けでも目立つほどの自己主張せず、どことなく水陸両用モビルスーツの”海”を感じられるはずだ。

発表会で試食コーナーの相模屋社員に「これはとうふでいうところの絹ごしですか、木綿ですか?」と質問したところ「絹です、正確には充填絹という製法です」との回答を得た。

一般のとうふは製造後にパッケージに入れるため、容器に水が入っているのをご存じだと思うが、ズゴックとうふは容器に直接とうふの元となる豆乳状態のものを入れ、固めることによって余計な水分が入らず、形状がしっかりするのだそうだ。

製法が違うのだから当然生産用の設備も通常と違うものを使っている。

ただとうふをモビルスーツの形にしてみました、という単なる思いつきで気安く作れる製品ではないのだ。

プロモーション映像で少しだけ製造工程を見ることができたが、機材には当然のようにジオン公国軍のエムブレムが描かれており、高速で大量生産されていくズゴックとうふ、ザクとうふに「この生産力……AGEシステムを越えている」と内心思ったのは筆者だけではないはずだ。

発表会には調理例として「ズゴックよせ鍋〜ベルファスト〜」「ズゴック豆乳鍋〜北極戦線〜」など、食材と味付けでさまざまな戦地に「ズゴックどうふ」を送り込むアイディアや、カニの爪をズゴックとうふのアーム部分に配置したり、しいたけでアッガイを作り随伴させるなど、鍋のジオラマ化したものが展示されていた。

料理は盛りつけも大事だが、ここまで遊び心とデコレーションにこだわれるものもそうそうないだろう。

主婦のみなさん、「ズゴックとうふ」があれば旦那さんが意欲的に晩ご飯を作ってくれるかもしれませんよ?初回生産版には限定で「ズゴック・クロー・フォーク」が付いてくる。

ザクとうふでは「ヒートホークスプーン」が限定アイテムとなっていたが、発売当時はあっという間に品薄となり、これを入手するためにガンダムファンの問い合わせが殺到したという。

ここでも相模屋社員に「今回もやはり入手は難しそうですか?」と尋ねたところ、「今回は(通常の)三倍、限定版を作りました」という情報を入手。

しかし今回も厳しい争奪戦が予想される。

諸君の健闘を祈る。

「ザクとうふ デザート仕様」も試食してみたところ、こちらもおいしい! 食感はとうふなのだが味は完全にスイーツ。

コース料理のシメの一品、あるいはジオン公国軍宇宙艦隊の食事でデザートとして提供されているもの、と言われたら余裕で信じるレベルだ。

味、食感はバニラプリンに近く、とうふ独特の豆の風味はまったくないので、いい意味でとうふらしさがない。