飲酒で髪がうねる? サラサラヘアーを作り出す睡眠・食事術とは?




波打つようにうねる髪。ブローしてもモワっと広がり、雨が降ればさらに爆発! 以前はこうじゃなかったのに……という、嘆き節がそこここに。こうなるとなかなかスタイリングが決まらず、朝からイライラしてしまうことも。







■うねりの原因は加齢と飲酒、肩コリ



女性ホルモン“エストロゲン”は、ハリや潤いのある皮膚や髪の毛をつくる大切な働きをしています。このホルモンは20歳代後半をピークに減少するため、加齢とともに髪はうねりやすくなります。特に毛量が多く髪が太い人は、その傾向が強いようです。



また、週に5日以上アルコールを飲む人も、うねりが出やすくなります。それは、アルコールの解毒にナイアシン(水溶性ビタミンでビタミンB群の一種)が大量に消費されてしまうからです。髪にナイアシンの供給が不足するとうねりやすくなります。



首や肩がこっているのも原因のひとつです。 肩コリ(肩の筋肉の緊張)になると、首の動脈を圧迫してしまい血流が悪化します。そうなると頭皮への血行も悪くなります。髪の栄養は血液から供給されるので、血流量が少ないと髪をつくる毛母細胞が弱まります。結果、髪のタンパク質構造が変わり、髪はうねってしまうのです。



■放っておくと……髪はさらに大爆発し、爪にも損傷が



一度髪がうねってしまうと、キューティクルの内側にあるタンパク質に、水を吸いやすい部分とはじきやすい部分ができてしまいます。雨などの湿気はその差を強調するので、うねりはさらに大爆発!



髪と同じ硬い種類のタンパク質からできている爪や肌の角層も注意が必要です。血行が悪くなり、毛母細胞の栄養不足で髪にうねりがでてくると、爪も栄養不足になってきているかもしれません。爪はうねりはしませんが、筋が入ったり、折れやすくなったりしてしまいます。



■これから生える髪のために、睡眠・食事を見直す



一度うねり始めた髪は、以前のように素直な髪質には戻りにくいといわれています。今あるうねりは、カットなどでクセを生かすようなヘアスタイルにするといいですね。ブラッシングやコーミングは、毛先からとかし始め、髪がからまらないように注意してください。からまりを無理に引っぱると、髪の繊維が伸びてうねりの原因になってしまいます。



これから生える髪に対しては、積極的なうねり対策が可能です。



まずは、女性ホルモンの分泌を急激に減少させないためにも、上質な睡眠を確保しましょう。午後10時〜午前2時の間に寝ていることがベストですが、それが無理なら、せめて日付が変わる前には寝床に入るよう心がけよう。



髪に十分な栄養を与えるためには、1日3食、規則正しく食事を取ってください。ダイエットのために、植物性タンパク質ばかり取る人もいますが、それでは栄養不足になりやすいので注意。植物性タンパク質は、動物性タンパク質よりも吸収率が低いからです。肉・魚・大豆など、種類豊富に食べましょう。髪や皮膚の潤いに大切なオメガ3系オイルを多く含む亜麻仁(アマニ)オイル、ウォールナッツ、サーモン、さば、いわしなどを積極的に取るのも効果的です。







そして、アルコールはほどほどに。どうしても毎日飲まなければ気が済まない人は、たらこやカツオ、粉末のインスタントコーヒーなど、ナイアシンを多く含む食品を意識して取ってください。



首や肩がこっている人は、ストレッチしたりマッサージを受けたりして、頭皮の血流量を増やすことが大切です。これから生えてくる髪を、ツヤのある素直な質感へと導くことで、見た目年齢は変わってきます。





(からだエイジング)