TOTOやZoffなど、生活をデザインする2012年グッドデザイン賞ベスト100発表

写真拡大

日本デザイン振興会は、2012年のグッドデザイン・ベスト100を発表した。

このベスト100の中から、11月末に東京ビックサイトで開催される「グッドデザインエキシビジョン」開催期間中に、2012年特別賞各賞が決定する。

ユニットバスが持つ高い防水機能・清掃性を備えつつ、壁材の選択や開口部のアレンジが自由にできるハーフバス。

同製品は、センターポールやシャワーヘッドは使いやすい自然な位置に配置し、天井もディテールの美しさにこだわっている。

社内の他、外部建築家とのコラボで、新しい提案を丁寧に実現している姿勢が評価された。

キューブを回しながら読む木の絵本「おなはし木っこ」の「どれがどすた?」。

この絵本では、誰が?、どこで?、なにを?、どうした?のパートに分けた4個の立方体を自由に組み合わせ、1,296通りもの「おはなし」を自由に作ることができる。

大人と子供が木の絵本を楽しみながら、言葉によるコミュニケーションの文化を伝えてゆく点が評価された。

起きる時刻をセットして枕元にセットすれば、寝返りなどを検知し、寝付くまでの時間と起きるまでの睡眠時間を計る「ねむり時間計」。

ネットとの連動性で、客観的に自分の眠りを確認できることや、それらのサービスを通して、行動意識の改善につなげようとする姿勢が評価された。

形態、グラフィック、手触りなどのデザインも高評価を得ている。

同製品は、どんな凹凸にも反応し肌への負担をコントロールするインテリジェントフィッティング機構を搭載した使い捨てカミソリ。

使い勝手のいいサイズとホールド感、樹脂量の削減を実現させたデザイン、日本製でありながら1本150円程度いう価格設定が、意欲的な取り組みであると評価された。

同製品は家庭用のコンピューターミシン。

ボタンを押すだけで好みの縫い模様を選べる機能や、視認性の高い液晶パネル、簡単な糸通しなど使い勝手の向上に積極的に取り組んでいる点が評価された。

また、大型ボタンの採用で、直感的に使いやすさが伝わるデザインとなっており、ミシン初心者にもぴったりだ。

同製品は視力補整が必要な人にとって、釣りシーンなどのアウトドアに重宝する「度付きの偏光サングラス」。

新しいデザインの発想により、視力補正と偏光機能を1本で両立。

従来までの経済性や持ち運びのコンパクトさに欠ける側面を補っている。

機能性とデザイン性はもちろん、それらを低価格で実現させた点が評価されている。