独身男女の半数が「結婚したら?」と誰からも言われないと回答 - オーネット

写真拡大

オーネットは9月15日〜21日にかけて、全国の20代〜30代の独身男女434人を対象に、「結婚」「妊娠」「出産」に関する意識調査を実施した。

まず「そろそろ結婚したら」と言われる相手について尋ねたところ、1位は「母親(24.4%)」だった。

父親は母親の半数の12%で、「職場の人(17.3%)」、「友達(14.7%)」よりも低い結果となった。

「誰からも言われない」は男女とも約半数で、周囲からの結婚することへのプレッシャーはあまり感じていないようだ。

次に第一子をもうけたいと思う年齢について尋ねると、女性は「30歳まで」が27.4%、「35歳まで」が18.2%、「40歳まで」が13.3%だった。

一方男性は「30歳まで」が16.2%、「35歳まで」が22.5%、「40歳まで」が19.1%という結果になった。

希望する子どもの数については、「もうけない」という回答を含めた平均では1.57人で、2011年の合計特殊出生率(1.39)に近い数値となった。

しかし、55.3%が「子どもは2人欲しい」と回答しており、夫婦と子ども2人という平均的な日本の家庭像がうかがえる結果となった。

次に妊娠・出産に関する知識について質問。

すると、加齢による妊娠の可能性の低下について、「女性が影響を受ける」と回答した人は75.6%、「男性が影響を受ける」と回答した人は40.3%だった。

男性の18.7%は妊娠・出産について「知っているものがない」と回答しており、独身男性の妊娠・出産に関する情報は不足しているようだ。

独身者が考える少子化の要因ついて尋ねたところ、1位は「晩婚による妊娠・出産の減少(58.8%)」だった。

性別で見ると、男性の1位は「日本経済の先行きへの不安」「雇用情勢への不安」が53.1%で、将来の生活に不安を持ち、子どもをもうけることをちゅうちょしている姿がうかがえる。

一方、女性の1位は「晩婚による妊娠・出産の減少(64.4%)」だった。



続きを読む