自己啓発書が描く現代の「ライフコース」-1-

写真拡大

■TOPIC-1 「年代本」の急激な流行

現在、書店の「自己啓発」や「仕事術」といったコーナーに足を運ぶと、「20代でやるべきこと」「30代で伸びる人」「40代にやってはいけないこと」というようなタイトルの書籍が多く並んでいるのをみることができます。2011年のベストセラー・ランキングをみても、千田琢哉『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』(かんき出版、2011)、川北義則『「20代」でやっておきたいこと』(三笠書房、2010)といった書籍が名前を連ねていました。

各年代に行うべきことが書かれているこうした書籍を、以下では「年代本」と呼ぶことにしたいと思いますが、この「年代本」は特に近年の流行なのでしょうか。そこで「年代本」の発行点数を調べてみました。ジャンル(件名)別の検索ができる『国立国会図書館サーチ』を用いて、件名「人生訓」内で「20代」「30代」「40代」という言葉がタイトルに含まれる書籍数を集計した結果が図1です。

※「国立国会図書館サーチ」調べ。件名「人生訓」、検索キーワード「20代or二〇代or二十代」。検索日:2012年9月3日。1989年以前の累計は20代論13冊、30代論7冊、40代論9冊と数が少ないため図からは割愛。

図1では1990年以降についての集計結果を掲載していますが、発行点数の総計は20代が145件、30代が65件、40代が60件となっています(50代は27件と少なかったので、20代から40代までを掲載しています)。「人生訓」という件名への収録基準は不分明ですが、「年代本」のブームがいつにあるのか、集計結果からその「あたり」をつけることは十分可能だと考えます。

図1からまず分かるのは、1990年代中頃を小さなピークとして、「年代本」の発行は細々と続いてきたということです。しかし何よりも目を引くのは、2011年に急激なブームが起こり、2012年もその余波がまだ続いているということです。こうした傾向は「紀伊國屋書店BookWeb」や「オンライン書店Honya Club.com」など、他のデータベースを調べた場合も同様でした。

----------

『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』
 千田琢哉/かんき出版/2011年

『「20代」でやっておきたいこと』
 千田琢哉/かんき出版/2011年

----------

■2年半で1人の著者が21冊

なぜ、2011年以後に「年代本」が多く刊行され、またベストセラーにもなっているのでしょうか。まず雑駁には、従来的なライフコースが揺らいでいるためだと考えることができます。仕事にしても、結婚およびその後に連なるライフイベントにしても、将来の展望を楽観的に抱けるような状況ではますますなくなっていることを社会的背景として指摘することができるでしょう。

しかし、2011年以前についてもこのような「揺らぎ」は同じように指摘できるはずです。社会的背景論は「年代本」が売れるための条件ではありますが、2011年に突如ブームが起きたことの理由づけとしては説得的とはいえません。

では、2011年の震災が人々の「揺らぎ」の意識を加速させたと考えるべきでしょうか。それも背景要因の1つであるとは考えられますが、前回テーマの「心」関連書籍と同様に、「年代本」にも震災関連の文言はほとんど出てきません。「年代本」が、千田さんや川北さんの著作に限らずに次々と刊行されることの要因としては、やはり説得的な考えといえそうにはありません。

「年代本」のブームは単純に、ヒット作を追いかけて類似タイトルの書籍が積み重なった結果と考えたほうがすっきりするように思えます。たとえば「年代本」を多く手がけている著者の一人、千田琢哉さんのホームページでは、「千田琢哉の本」という著作一覧をみることができます。

それによると、2010年4月に刊行された『20代で伸びる人、沈む人』(きこ書房)以後、約2年半の間に、実に21冊もの「20代」および「30代」本が千田さんの手によって手がけられていることがわかります(9月10日調べ。共著含む)。その多作ぶりには驚嘆するばかりですが、この多作にこそ、「年代本」ブームについて考える手がかりがあるように思われます。

----------

『20代で伸びる人、沈む人』
 千田琢哉/きこ書房/2010年

----------

連載の1つめのテーマ「自己啓発書ガイド」についての回で、ヒット作の「二匹目のドジョウ」が狙えると思う感覚を「太い」と表現した編集者の話をしました。千田さんの「20代」「30代」本の多作、ひいては「年代本」の近年の多発もこの観点から理解できると考えます。つまり、千田さんや川北さんの書籍がヒットしたため、本人に「ぜひあの本のような」という書籍の企画を持ち込む、あるいはそのような書籍が書けそうな人に執筆してもらう、少し異なった内容の本でも「20代」「30代」「40代」といった言葉をタイトルにつける、等々。

「年代本」のブームはこのように、社会的背景から考えるよりも、自己啓発書制作プロセスの内側から考えるほうが実情に即しているように思えます。というより、「年代本」のブームは、まさに近年の自己啓発書制作のあり方を象徴するような動向なのではないかと考えられるのです。

■何歳論が最も多いのか?

今回扱うのは「20代」「30代」「40代」といった、「○○代」という言葉がタイトルに含まれる書籍なのですが、人生のこの時期にこれこれをせよという類の書籍にはもう1つ、タイトルのパターンがあります。単純な話で、「○○歳からの〜」というような、特定の年齢を切り口にするパターンです。

「年代本」は20代を扱うものが最も多かったのですが、では「○○歳」という特定年齢を扱うものの場合(「年齢本」と呼ぶことにします)、一体何歳が最も多いのでしょうか。先程と同様に、『国立国会図書館サーチ』の件名「人生訓」で、タイトルに「12歳」から「60歳」までが含まれている書籍を集計したものが図2です。

※「国立国会図書館サーチ」調べ。件名「人生訓」、検索キーワード「12歳」から「60歳」まで。検索日:2012年9月3日。

「年代本」だと20代が最も多かったのですが、「年齢本」では40歳が最も多いことが分かります。年代ごとに集計すると、10代が27冊、20代が61冊、30代が68冊、40代が67冊、50代が49冊と、20代から40代の間で大きな差はありません。

しかし、20代は20歳、25歳、28歳、29歳と、扱われる年齢が散らばっているのに対し、30代は30歳と35歳の二か所に集中し、40代は40歳に圧倒的に集中しています。40代は、40歳が57冊の他は45歳が7冊あるのみで、他は41歳、42歳、48歳で各1冊ずつとなっています。そして50歳で36冊と再び盛り上がります。

これらから考えると、20代はつねに「ここがターニングポイントだ」と論じることができる年代のようです。大人になる20歳、仕事にも慣れてきた25歳、30歳を目の前にした28歳と29歳というようにです。20代ではその年ごと、あるいはせいぜい3年前後のスパンで異なった展望が求められているといえるのかもしれません。

一方30代、40代と進むにしたがって、ターニングポイントの間隔は広がっていきます。30代は30歳と35歳に集中していることを考えると5年スパンの展望が、40代は40歳に一極集中していることを考えると10年スパンの展望が、それぞれ求められているということでしょうか。

さて、ここまで「年代本」「年齢本」の概要を見てきました。本連載の趣旨にもとづいて「年代本」「年齢本」を位置づけておくと、それらは、私たちの日常生活のなかではしばしば曖昧なままにされがちの「ライフコース=人生航路」の展望について、端的にあるべき方向を指し示してくれるものだといえます。では、現代における、あるべきライフコースはどのように「結晶化」されているのでしょうか。また、そこからどのような現代社会の様相が見えてくるのでしょうか。

(牧野 智和=文)