ずっと独身でいるつもり? (6) 「結婚したい!」と思う瞬間

写真拡大

独身のみなさん、みなさんはどんなときに一番「結婚したい!」と感じますか? 私は先日、ベランダにセミの死骸を発見したときにちょっと「結婚したい……」と思いました。

普通だったら、まぁ寂しいときとか、食事のときとか、なにか心細いことがあったとき、泣きたい夜に抱きつく肩が欲しいときとかにそう感じるかな〜と思いますが、セミの死骸の話以降、私の挙げた例はことごとく「ネガティブな気持ちや現象を、夫という存在で解消したい!」というもの。

もしかして、ここらへんが結婚できない理由なのでは……? という気もしてきましたが、先日、それとはまったく違うベクトルで「結婚したい」と思う出来事がありましたので、ご紹介したいと思います。

先日、私は山中湖で行われたフェスに行ってきました。

目当ての山下達郎のライブが始まる前になると、ステージの前は一気に年齢層がアップ。

私と友人(どちらも30代)なんて若造と呼べるほどの空気に包まれてゆきます。

そんな中、目の前にひと組の夫婦がいました。

50代後半ぐらいの夫婦で、ふたりともフェス慣れしてなさそうな服装です。

奥さんはちょっとキレイでおしゃれで、旦那さんもパリッとチェックのシャツなんか着てます。

その奥さんが、雨が降ってきたらかいがいしく旦那さんにレインコートをかけてあげたり、雨がやんだらそれを取ってあげたりしているのです。

旦那さんは少し身体に動かしづらい部分があるようでした。

そして山下達郎のライブが始まりました。

最高の演奏、最高の音楽です。

その瞬間、心の底から思いました。

「こんな素晴らしい瞬間を、夫婦で共有できたら、どんなにすてきだろう」と。

そして、目の前にいる「その瞬間を共有しようと思ってこの場に来ている二人」のことが、本当にうらやましく思えました。

ステージにはその後、スペシャルゲストとして竹内まりやが登場し、さらに私たちの「夫婦って、いいよね……」という気持ちにターボで拍車がかかっていきました。

山下達郎夫妻も含め、50代後半まで添い遂げるのは、並大抵のことじゃないと思います。

どんなに普通に見える夫婦でも、いろいろあったはずだし、さまざまな苦難や試練のときを乗り越えてきた……と言えばカッコいいですけど、日常のしょうもない争いとか行き違いとかも乗り越えてきたはずです。

きっと楽ではないんでしょう。

でも、その苦労なら、買ってでもしたい……! と心から思った夏の一日でした。

イラスト: 野出木彩

続きを読む