上野の老舗ファミリーデパート「吉池」建て替え ユニクロとg.u.同時出店

写真拡大

 吉池と三井不動産が開発・推進する新商業ビル「(仮称)上野三丁目店舗ビル(上野吉池)プロジェクト」が、2014年春の開業に向けて着工した。1920年創業の老舗ファミリーデパート「吉池」が本店を構えていたJR御徒町駅前ビルの建て替え事業。駅南口の仮設店舗で営業中の「吉池」の他、「UNIQLO(ユニクロ)」と「g.u.(ジーユー)」が初の同時開業を予定している。

上野の老舗ファミリーデパート「吉池」建て替えの画像を拡大

 吉池は、「事業は人なり」をモットーに総合食料品の販売や衣料品、日用雑貨の販売、外食事業など幅広い事業を展開。JR御徒町駅前で総合小売業「吉池本店 ファミリーデパート吉池」を営業してきたが、本館は2012年2月末、魚館は3月末で一時閉館した。新たに建つビルの店舗面積は約8,870平方メートルで、地下2階から地上9階までの11フロア構成。地下2階から地上1階に「吉池」、地上1階から4階に「ユニクロ」、5階から6階に「g.u.」がそれぞれ出店する。ファーストリテイリングによる両ブランドが同時開業する初の施設になり、その他のフロアにも飲食店舗など複数のテナントを誘致。来訪者のニーズに応え、エリアのランドマークとなる施設を目指すという。

 下町の風情を残す上野・御徒町は、日本有数の商店街「アメヤ横丁」や1947年創業のディスカウントショップ「多慶屋(たけや)」といった品ぞろえや価格の安さで有名な店舗が点在するなど、観光客を含めて幅広い世代に親しまれているエリア。「(仮称)上野三丁目店舗ビル(上野吉池)プロジェクト」予定地の近隣に建つ「松坂屋上野店」は若年層の取り込みを狙ってパルコとの共同店舗の導入が検討されるなど、注目を集めている。

■(仮称)上野三丁目店舗ビル(上野吉池)プロジェクト
 所在地:東京都台東区上野3-27-12
 事業者:株式会社吉池
 敷地面積:約1,980?
 延床面積:約15,040?
 構造規模:地下2階 地上9階建
 店舗面積:約8,870?
 竣工・開業:2014年春予定