愛知県の女子高生に聞く、名古屋の恋愛成就スポット「恋の3社めぐり」とは?

写真拡大

ファミレスで原稿を書いていると、向かいの席で女子高生3人が恋愛ネタで盛り上がっていた。

「私だけを好きになってほしいのに」「彼の気持ちが変わった気がする」。

率直に本音をぶつけあう彼女たちの表情は、とうてい16、17歳の少女のそれではなく……。

圧倒されつつも、ダンボ耳になってしっかり聞いていた僕は、彼女らのかばんについていた黒っぽいお守りを見て思わず笑ってしまった。

「えんむすび」と書いていたからである。

「えんむすび」……なんと古典的な言葉だろう。

1,000年の昔も今も、色恋の世界は変わらないのだ。

ダイエットやメークではどうしようもないものが恋愛にはあるということを、まだ生まれて16年しかたっていない乙女たちですら知っているのだ。

ほほ笑ましさに思わず気持ちがゆるみ、話しかけてみた。

「それ、どこで買ったの」。

こういう時、一瞬もじもじっとしつつ、きちんと相手に答えるのが名古屋の女子高生のかわいいところだ。

聞くと名古屋市千種(ちくさ)区には、高校生からOLにまで絶大な人気を誇る、恋愛成就の3つの神社があるという。

1人で行くと少しシリアスすぎて怖いので、友達と2、3人で参拝するという彼女たち。

例のお守りはその神社で購入したものだという。

その場所こそ、縁結びの御神木で知られる「城山(しろやま)八幡宮」、恋に効く霊水が湧くという「高牟(たかむ)神社」、そして、かの有名な陰陽師・安部清明ゆかりの「清明神社」の3社だ。

近年、「恋の3社めぐり」というロマンチックな呼び名で、静かなブームとなっているらしい。

この「恋の3社めぐり」。

なんとスタンプ台紙があり、3社のスタンプを集めて城山八幡宮へ郵送すると記念品がもらえるという。

スタンプラリーは各社ワンコインの100円。

それぞれの神社には実際の良縁にまつわるエピソードが多々あり、台紙を持った参拝者が跡を絶たないというから驚きだ。

3社とも千種区内にあることから、直線で結ぶと約10キロ圏内。

このアクセスのよさも人気の理由だろう。

では、少し駆け足で参拝してみよう!スタンプを押す桃色の台紙は、どの神社でも入手可能である。

台紙にはそれぞれの神社の言い伝えや地図などが書かれている。

どの神社からスタートしてもご利益は同じ! 3社めぐりに順序はない。

スタンプ台紙には恋愛運上昇の璽(しるし)が押され、そのまま持っていてもお守りになるが、効果は1年間と期限付きだとか。

台紙はウェブサイトからダウンロードもできるが、できれば直接神社で薄いピンク色の台紙をもらって回りたいものだ。

さて、まずは城山八幡宮からスタート! 縁結びのご神木「連理木(れんりぼく)」で有名な一社だ。

この城山八幡宮は、かの織田信長の父・信秀が築城した末森城の跡に建てられたという。

縁結び・厄よけ開運・交通安全・必勝守護・家内安全にご利益があるといわれているが、とりわけ有名なのが、連理木という巨木だ。

木のもとで出会った男女が恋愛を成就したという言い伝えが残ることから、縁結びのパワースポットとして多くの女性を惹きつけてきた。

門から向かって左手側、本殿裏手につながる参道を50メートルほど歩くと、うわさのご神木・連理木が登場する。

2本の木が互いに絡みついたような形は、男である筆者から見ると、恋愛成就の乙女の祈りなんてロマンチックなもんじゃない。

強烈なインパクトである。

樹高約15メートル、根周り約5メートル。

いにしえより「連理の契り」「連理の枕」と例えられ、縁結び・夫婦円満のご神木として信仰されているという。

すぐそばに参拝者の絵馬が掲げられているのだが、これがまた濃い内容だ。