岐阜県の「各務原キムチ」は一味違う! まちおこしを担う美味なるキムチ

写真拡大

昨今、全国各地でうまさと個性を競って様々なオリジナルキムチが誕生している。

中でも、岐阜県各務原(かかみがはら)市でまちおこしのための一品として生まれた「各務原キムチ」は珍しい特徴があるのだとか……。

「各務原キムチの特徴は、第一に各務原市の特産品であるニンジン、そして松の実が入っていることです」。

そう語ってくれたのは、市の観光文化課内にある「キムチ日本一の都市研究会事務局」の西村さん。

同事務局は、各務原キムチの総元締めである。

しかし、ニンジンは各務原名物だから分かるとしても、なんで松の実なの? なんか妙にエスニックな気がしてしまう。

「松の実は各務原市と姉妹都市提携を結んでいる、韓国の春川(チュンチョン)市の特産品なんですよ」。

西村さんが答えてくれた。

西村さんによれば、各務原市は1999年からキムチ漬け講習会を開くなど、もともとキムチ作りに熱心な町だったようだ。

さらにタイミングよく2003年、韓国の春川市と姉妹都市提携を結んだのだ。

ここで「春川市」というキーワードにピンときた人は、筋金入りの韓流好きだろう。

何しろ春川市は、かの「冬のソナタ」のロケ地として、冬ソナファンの間では知らぬ者はない韓国ドラマの聖地である。

そんな春川市と「姉妹」になった各務原市は、当然のごとく、1周年事業として「冬のソナタ」に関するイベントを開催。

その時、ヨン様ことペ・ヨンジュンのグッズと同じくらい、そりゃあもう爆発的に売れたのが、この「手作りキムチ」だったというわけだ。

「キムチがまちおこしに役立つ」。

そう直観した各務原市が立ち上げたのが、先に登場した「キムチ日本一の都市研究会事務局」だ。

ここで、各務原キムチのアイデンティティーが確立して、2005年11月に「各務原キムチ」が誕生した。

その後、2008年の第3回B-1グランプリでは「各務原キムチ鍋」が堂々の3位に入賞。

一躍全国区の脚光を浴びることになる。

各務原キムチは、自由度が高いことも特徴のひとつ。

各務原酸の野菜を漬けることと、ニンジンと松の実を入れること。

このふたつの条件さえクリアしていれば、基本的にはどんなアレンジもOKなのだ。

その味がいかなるものか確認しようと各務原市内のスーパーで探してみたら、都合のいいことに「和風あっさり」と「本格風」というふたつの対照的な商品を発見した。

はじめに「和風あっさり」キムチを試食してみる。

漬け方が浅めだというのは、見た目からも分かる。

「日本人好みのあっさりとした味」というだけあり、辛さ控えめ。

白菜はパリパリしっとり、ニンジンはパリポリパリポリ。

そして松の実を一摘みすると、一気に独特のコクが口に広がりうまい。

次に、「本格風」キムチだ。

パッケージを開けた瞬間に分かる、少しくすんだ色合い。

かなり長時間漬け込んだようで、その証拠に、食べると白菜はしんなりしている。

その分、ニンジンの程よい歯ごたえにインパクトありだ。

辛さは、いうなれば「後をひく程よい辛さ」。

発酵食品ならではの酸味があり、これがよいコクを生み出している。

キムチチャーハンにしたり、ラーメンにトッピングしたりするなら、「本格風」キムチをオススメする。

キムチを入れるだけで味にコクが出る。

発売元は、どちらも各務原市の明和商事だ。

ちなみに、各務原キムチが誕生したいきさつについては、「恋するキムチ」というドラマにも描かれている。

同番組のオンエアは2011年。

NHK岐阜放送局の開局70周年記念番組として制作されたものだ。

また、各務原市では毎年11月に「各務原キムチまつり」が開催されている。

鍋やギョーザ、カレーなど、各務原キムチを駆使したメニューが勢ぞろいするこの祭り、今年は11月23日から25日まで開催される予定だ。

会場は岐阜県の河川環境楽園(岐阜県各務原市川島笠田町)。

キムチ好きならぜひとも足を運んでほしい。

マスコットキャラクターの「キムぴ〜」が出迎えてくれるというので、カメラのご持参をお忘れなく!●information 明和商事 岐阜県各務原市鵜沼各務原町5-290