「バイオハザード6」発売前まとめ第2回−ゲームプレイが交差する“クロスオーバー”システム

2012年10月4日の発売まで残すところ後2日と迫った「バイオハザード6」。
4回に分け、ゲームの魅力をお届けしているが、第2回目となる本日は4つの独立した物語で構成される本作において、主人公たちの運命が交錯し、同じ時間、同じ出来事を異なる視点で体験する“クロスオーバー”システムについて紹介するぞ。

【関連:「バイオハザード6」発売前まとめ第1回】

 

−−4つの物語、ゲームプレイが交差する“クロスオーバー”
『バイオハザード6』は4つの独立した物語で構成されている。しかし、時おり主人公たちの運命は交差する。同じ場所、同じ時間に、同じ出来事を異なる視点で体験する、それが“クロスオーバー”だ。互いに危機を救う事もあれば、対立する事もあるかも知れない。運命の交差が、ドラマに更なる深みと広がりを与える。更にオンラインでのプレイ時にはゲームプレイそのものが“クロスオーバー”。全世界からマッチングされたプレイヤーが演じる主人公と最大4人でのCoop(協力)プレイが楽しめる。見知らぬプレイヤーとのプレイ体験の共有が、かつてない興奮を呼び起こす。

互いに銃口を突きつけるレオンとクリス
互いに銃口を突きつけるレオンとクリス。
誰よりもバイオテロを憎む2人が何故対立するのか?

−−クロスオーバー
レオン、クリス、ジェイク、エイダ各々の主人公たちの物語はクロスオーバーをする。
ただそれは、ストーリーだけではない。ゲームプレイもクロスオーバーし、新たなゲーム体験が広がっていく。

レオン、クリス、ジェイク、エイダ各々の主人公たちの物語はクロスオーバーをする

▼キャンペーンモード中は、通常のco-opプレイは2人までで行われるが、ストーリーがクロスオーバーするポイントでは、最大4人までのco-opプレイが可能となる。

ストーリーがクロスオーバーするポイントでは、最大4人までのco-opプレイが可能

▼それぞれの場所、立場でバイオテロに挑む7人の主人公たち。
彼らの運命は、【蘭祥】の地に収斂される。その最中、お互いの物語はクロスオーバーし、時には離れ、それが大きなうねりとなりストーリーを形作っていく。

それぞれの場所、立場でバイオテロに挑む7人の主人公たち

●レオン×ジェイク
墜落する飛行機に乗り込んでいるレオンとヘレナ。そして、それを見上げるジェイク達。
Co-opプレイだけではなく、一つの出来事に別の視点で関わる場合も。

レオン×ジェイクレオン×ジェイクレオン×ジェイク

▼墜落する飛行機。その危機的状況を脱したレオンとヘレナは、ジェイク達と出会う。レオンとシェリー、再会を果たした2人であったが、そこに襲いかかる、過酷な運命。

危機的状況を脱したレオンとヘレナは、ジェイク達と出会う危機的状況を脱したレオンとヘレナは、ジェイク達と出会う危機的状況を脱したレオンとヘレナは、ジェイク達と出会う

▼飛行機落下現場では、最大4人同時のCo-opプレイが発生する。また、レオン&シェリー、ジェイク&ヘレナと、時にはパートナーを入れ替えるようなシチュエーションも!?

時にはパートナーを入れ替えるようなシチュエーションも

●クリス×ジェイク
中国【蘭祥】で再会を果たした二組。ここでのクロスオーバーは、窮地に陥ったジェイクとシェリーを、高所からクリスとピアーズが援護する形で行われる。クロスオーバーの形は一つだけではなく、様々な状況で発生する。

クリス×ジェイククリス×ジェイク

▼高所から得意のスナイピングを活かしてジェイク達を援護するピアーズ。プレイするキャラクターにより、遊びの種類が異なる。

ジェイク達を援護するピアーズジェイク達を援護するピアーズ

▼周囲からの猛攻にギリギリの所で耐えるジェイク、間一髪のところを、ピアーズのスナイピングに助けられる。

周囲からの猛攻にギリギリの所で耐えるジェイク

●レオン×エイダ
レオンとエイダ。これまで幾度となく“出会いと別れ“を繰り返してきた二人だが、バイオハザード6でも、再び運命の交差を果たす。その時、二人の間でどのような言葉が交わされるのか? そして、待ち受ける過酷な運命にどのように立ち向かっていくのか?

レオン×エイダ

▼エイダに銃口を向けるヘレナ。その真意は?

エイダに銃口を向けるヘレナ

▼時にはエイダ×ヘレナで、レオンを助けるようなシーンもある。
レオンが仕掛けを操作している間、寄ってくる敵を2人で倒せ。

エイダ×ヘレナで、レオンを助けるシーン

▼巨大に伸びる爪のような触手を振り回し、襲いかかるクリーチャー。新型のB.O.W.なのか? ヘレナに襲いかかるクリーチャーをエイダが援護するシーンも

巨大に伸びる爪のような触手を振り回し、襲いかかるクリーチャーヘレナに襲いかかるクリーチャーをエイダが援護するシーンも

――商品概要
商品名:バイオハザード6
発売日:2012年10月4日(木)
希望小売価格:¥7,990(税込)
ジャンル:サバイバルホラー
プレイ人数:1〜4人
プラットフォーム:PlayStation®3 / Xbox 360® / PC(PC版の発売日、価格は未定です)
CEROレーティング:D
公式サイト: http://www.capcom.co.jp/bio6/

(c)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.