千葉銀行、クレジットカードを活用した「地域優待サービス」を1580店で開始

写真拡大

千葉銀行は1日、広域千葉圏に店舗を構える企業と提携し、クレジットカードを活用した「地域優待サービス」の提供を開始した。

同サービスは、同行の提携先企業において、同行・ちばぎんジェーシービーカード・ちばぎんディーシーカード(以下同行グループ)が発行するクレジットカードで買い物をすると、クレジットカードのポイント優待や商品代金割引などの特典を提供するというもの。

同サービスの提供により、千葉県内におけるクレジットカードでの買い物を促進し、地域経済における個人消費の活性化につながる好循環を生み出したいと考えている。

また、同サービスの開始に合わせて、同行の営業店・提携先企業の店頭・交通広告などで、同行提携先企業を「ちばぎんパートナー」として告知し、同行グループが発行するクレジットカードの利用促進を図っていくとしている。

対象カード「ちばぎんスーパーカード」をはじめとする同行グループが発行するクレジットカード(ちばぎんジェーシービーカード・ちばぎんディーシーカードの発行カードのうち、クレジットカードのポイントが付与されないカードは対象外)サービス開始日10月1日提携先企業店舗数約1580店舗(9月28日時点、ショッピングセンターなどのテナント数を含む)地域優待サービスの今後の展開今後も様々な業種の企業を募集し、「ちばぎんパートナー」ネットワークの拡充を図ることで、地域経済への更なる貢献を目指していく同行は、「地域の未来を育む」をスローガンとして、地域経済の活性化に貢献できるよう、更なるサービスの向上に努めていくとしている。