01_Yellow_3-4_D05358_LR_LOWERED.jpgAutomobili Lamborghini(アウトモビリ・ランボルギーニ)は、2012 パリ・モーターショーにて、ランボルギーニ史上もっとも成功したスーパー・スポーツカー ガヤルドの新型『ガヤルドLP 560-4』および『LP 570-4 エディツィオーネ・テクニカ』を世界初公開しました。

このニューモデルはよりアグレッシブかつエクストリームな新しいデザインを施し、その装いを一新しています。フルタイム4WDを備えた『ガヤルドLP560-4』は、フロントおよびリヤ・デザインが新しくなりました。また、ガヤルド・ラインナップのトップモデルである『LP 570-4 スーパーレジェーラ』と『LP 570-4 スパイダー・ペルフォルマンテ』は、スタイルと装備がさらに強化されたエディツィオーネ・テクニカバージョンで登場します。

(写真は、2012 パリ・モーターショーで初公開された『ガヤルドLP560-4』)
 新モデルの投入により、6 種類のモデルから構成されるガヤルド・ファミリーはそれぞれ差別化が明確になり、あらゆるタイプのドライバーの要望に応えるラインナップが完成することになります。ガヤルド新モデルは、2012 年11 月からランボルギーニ・ディーラーで販売が開始されます。新型『ガヤルドLP 560-4』のレーザーで切り取ったようなシャープなラインを持つ独特なデザインは、世界中で成功を収めたガヤルドの大きな特徴の一つです。現在までに約1万3000台のガヤルドが、サンタアガタ・ボロネーゼの工場から出荷されました。新型『ガヤルドLP 560-4』では、そのデザインにさらなるアクセントが追加されています。新しくなったフロント・エンドは、ランボルギーニ・デザインの象徴とも言える、トライアンギュラー(三角形)およびトラペゾイダル(台形)のモチーフが特徴となっています。フロント・エンド全体は、ボディカラーとブラックで斜めにカットされたデザインにより、幅広さと力強さが増し、路面に低く構える印象が強調されています。



02_Yellow_Build_FRONT_D05358_HR.jpg
新しくなったフロント・エンドは、ランボルギーニ・デザインの象徴とも言える
トライアンギュラー(三角形)およびトラペゾイダル(台形)がモチーフになっています。



 
フロント・ホイール前方には、より大きくなったエア・インテークが設置され、精密機械加工された光沢シルバーのスポークを備えた、マットブラック仕上げの新しい19 インチ「アポロ・ポリッシュド」アロイ・ホイールが、新しいスタイルを完璧なものにしています。さらに、リヤ・エンドのデザインも、よりダイナミックに生まれ変わっています。ここでも、三角形および台形が、デザイン・エレメントにおける特徴となっています。パワーユニットのエア・アウトレットがより幅広くなった結果、放熱性能が向上しています。オプションで提供される新しい「スタイル・パッケージ」は、フロント・スポイラー下部、フロントおよびリヤ・グリル、リヤ・トリムのトランスバース・エレメントをハイグロス・ブラックで塗装することによって、『ガヤルドLP 560-4』によりパワフルな外観を与えています。新型『ガヤルドLP 570-4 エディツィオーネ・テクニカ』『ガヤルドLP 570-4 スーパーレジェーラ』と『ガヤルドLP 570-4 スパイダー・ペルフォルマンテ』は、軽量デザインを極限まで追及し、ハイパフォーマンスと純粋なスタイルに焦点を当てることにより、ガヤルド・ファミリーの頂点に君臨しています。今回公開されるエディツィオーネ・テクニカでは、装備がさらに充実し、より個性的なスタイルを実現しています。エディツィオーネ・テクニカには、固定式のハイ・リヤ・ウイングと共に、カーボン・セラミック・ブレーキが装着されます。このブレーキは、軽量であることに加え、優れた耐フェード性と耐久性を兼ね備えています。これによって、パワー・ウエイト比は2.35 へと向上し、セグメント最高レベルの数値を達成しています。



03_Yellow_REAR_3-4_D05358_HR.jpg
 マットブラック仕上げの新しい19 インチ「アポロ・ポリッシュド」アロイ・ホイールで
さらにスタイリッシュになっています。


 
エディツィオーネ・テクニカは、ルーフ・アーチ全体とフロント・エアインテークにコントラスト・カラーが採用され、まったく新しい3 種類の専用オプション・カラーの組み合わせによって、その存在感が強調されます。採用されるカラーは、ネロ・ネメシス(マット・ブラック)のボディカラーとアランシオ・アルゴス(オレンジ)のピラー&フロント・エアインテーク、ビアンコ・カノプス(マット・ホワイト)のボディカラーとアランシオ・アルゴスのピラー&フロント・エアインテーク、アランシオ・アルゴスのボディカラーとネロ・ネメシスのピラー&フロント・エアインテークの組み合わせとなります。上記に加え、新型ガヤルド・モデルは、エクスクルーシブかつ代表的な「アド・ペルソナム」プログラムによって、ほとんど無限に近いカスタマイズの数々を施すことが可能です。新型『ガヤルドLP 560-4』、および『ガヤルドLP 570-4 スーパーレジェーラ』と『ガヤルドLP 570-4 スパイダー・ペルフォルマンテ』のエディツィオーネ・テクニカは、ガヤルド4輪駆動のラインナップにおいて、研ぎ澄まされたデザインを含め、メカニックの点においてもドライビング体験においても違いを実感いただけるモデルです。
 


04_Dashboard_0003_D05358_HR.jpg内装もよりスタイリッシュな仕上げになっています。


 
 【問】ランボルギーニ カスタマーセンター tel:0120-988-889
 URL:http://www.lamborghini.co.jp/


■関連記事
『マセラティ グランカブリオMC』をパリモーターショーで初公開
フォルクスワーゲンが最も小さな車『up!』を発売
コーンズ・モータース、ロールス・ロイスのショールームを芝公園にオープン