関西アーバン銀行、新しい「eco 定期預金」の取扱い開始

写真拡大

関西アーバン銀行は1日、新しい「eco 定期預金」の取扱いを開始した。

2010年3月より滋賀県「マザーレイク滋賀応援基金」に寄付を行う「eco 定期預金 マザーレイク」を取扱いしているが、このたび、寄付先に「大阪府環境保全基金」を追加し、環境保全の取組みを一層進めていくという。

また同行は、今後とも銀行業を通じ地域社会の発展に貢献するとともに、積極的に自然環境保護への取組みに努めていくとしている。

取扱い期間10月1日から2013年1月31日利用できる人新たな資金で預け入れる個人の顧客。

10月1日以降に同行とすでに取り引きしている普通預金以外の資金(定期預金の満期または中途解約資金など)による同定期預金への振り替えは不可(一旦、同行から出金した場合も取扱いできない)預け入れ金額スーパー定期:1口30万円以上1000万円以下預け入れ期間1年適用金利(初回特別金利)年0.10%(税引後年0.079685%)