1日、韓国外交通商部は「外交問題叢書第11号 独島問題概論」の改訂版を発表した。この文書には、日韓間で竹島(韓国名・独島)の領有権をめぐって争議された1950年代の記録が記載されている。写真は韓国・ソウル中心部の光化門を見学する子供たち。

写真拡大

2012年10月1日、韓国外交通商部は「外交問題叢書第11号 独島問題概論」の改訂版を発表した。この文書には、日韓間で竹島(韓国名・独島)の領有権をめぐって争議された1950年代の記録が記載されている。韓国聯合通信の報道を中国新聞社が伝えた。

【その他の写真】

これは、韓国外交通商部の前身となる韓国外務部政務局が1955年に出版した、政府関係者向け内部資料。独島に関する記載がある古代の史料から、日本占領時代に竹島が略奪された過程、1950年代に日韓間でやりとりされた竹島の主権をめぐる応酬が記録されているという。

1953年5月、第2次日韓会談開催時、日本の水産試験船が竹島付近で失踪した。1カ月後、外務省は韓国側に向けた外交文書で「韓国漁船が日本の領海を侵犯した」と通知。竹島が日本の領土であることを明確に主張した。その3日後、韓国政府は「独島は韓国の国土の一部」と反論。それ以来、武装を強化して実効支配を進める韓国とそれに抗議する日本との間で争議が続くことになった。(翻訳・編集/愛玉)