ご飯に隠された宝を探せ! 広島県福山市で「福山うずみフェスタ2012」開催

写真拡大

10月7日(日)、8日(月・祝)の両日、広島県福山市霞町の中央公園(まなびの館ローズコム)で、市内の料理人が創作したうずみ料理を楽しむ「福山うずみフェスタ2012〜掘り出せ!! 旬の福 福山うずみごはん〜」が開催される。

開催時間は10時00分〜16時00分。

「福山うずみフェスタ2012」は、海、山の食材が豊富な福山の魅力を、地元に伝わる”福山うずみごはん”を通して発信しようというグルメイベント。

”うずみ”とは、江戸時代、倹約政治により、ぜいたく品とされた食材をご飯に隠して食べたのが始まりとされる福山の伝統的な料理。

今年も昨年に引き続いて、”5組のすご腕料理人による華麗なる共演”による本格的な”福山うずみごはん”が登場する。

うまみたっぷりな鯛やマツタケが味わえる伝統的な福山鯛うずみをはじめ、和牛ほほ肉の赤ワイン煮うずみ仕立て、フカヒレ姿煮うずみ。

さらに、鞆の浦産渡りカニをふんだんに使ったカレーうずみ、美味しい福袋が埋まった福袋ばらうずみ寿司などバラエティー豊かな創作うずみの5種類だ。

両日とも、各種100食計500食限定、11時00分〜13時00分の販売だ。

さらに、「みんなで美味しい給食のうずみを食べよう&食育セミナー」は、市内の多くの小学校で「ふくの日」の10月29日に出される給食”うずみ”を食べられるコーナーだ。

これは給食で提供されている美味しい”うずみ”を通じて、食育の重要さ、大切さを子どもを持つ保護者へ発信するもので、食べて学べるうれしいセミナーだ。

価格は250円で、両日とも80食限定。

試食は13時30分からだが、12時00分より整理券配布する。

「福のまちマルシェ」では、地元産の野菜や水産物をはじめ、こだわりの食材を使った加工品など、美味しいものが勢ぞろい。

うずみ言葉や瀬戸内の幸がうずまった「うずみ弁当」も販売。

また、「福のまちストア」では、お箸や器などオンリーワン商品も購入可能。

「世界でたったひとつのお箸やスプーンを作ろう! デコ体験(有料、7日のみ)」もある。

このほか、福山市立大学と福山大学学生のコラボ企画の「謎解き宝探し〜歌姫の記憶を取り戻せ〜」も予定されている。

中央公園を舞台に謎解きをしながら宝を探し当てるゲームで、正解者の中から抽選でプレゼントが当たる。

参加は無料。

「福のまちステージ」と題したステージイベントでは、ダンスや福の山音頭が披露される。

子どもから大人まで楽しめる華やかでパワフルなステージだ。

打楽器をみんなで叩く参加型サークルステージも計画されている。

このほか、mama no hibiプロデュースの「地球の為にできること。

オリジナルマイ箸を作ろう!」や家のテーブルでも気軽に抹茶を楽しめる「茶の湯キッズ」、和菓子づくり体験などのワークショップも開講する(有料)。