”工場萌え”に朗報! 茨城県の鹿島港内一周見学船「ユーリカ号」が運航再開

写真拡大

鹿島埠頭株式会社(茨城県神栖市東深芝)は、東日本大震災の影響により運休を余儀なくされていた、鹿島湾内一周遊覧船「ユーリカ号」の運航を9月15日(土)より再開した。

「ユーリカ号」は、土曜、日曜、祝日の13時30分に港公園の隣から出航する、最大乗船人数46名(座席数36席)の個人向けの定期遊覧船だ。

乗船運賃は、大人1,200円、小学生以下600円だ。

乗船券は当日12時30分より発売。

15名以上の団体なら、前日の午前中までに電話予約すれば、平日の臨時運航もしてくれる。

団体の乗船運賃は大人1,080円、小学生以下540円。

雄大な太平洋に面した鹿島の海、鹿島港を臨むオアシス「港公園」や「神の池緑地」、そして巨大タンカーが停泊し世界が交わる近代的な工業地帯……、これらを約45分かけて巡る。

神栖市観光協会によると、「ユーリカ号」の名前の由来は、鹿島港がある神栖市と姉妹都市を結んでいるアメリカ合衆国カリフォルニア州ユーリカ市からとっている。

さて、鹿島港は、30万トンのタンカーが入港できる世界最大級の掘り込み港湾。

日本を代表する工業生産拠点である鹿島臨海工業地帯の中央部に位置し、原材料や製品の海上輸送基地という重要な役割を担っている。

同時に、”工場萌え”にとっては、海から、空中から、地上から、工場を堪能できる”工場スポット”でもある。

海からの見学に最適なのが、このほど再開した「ユーリカ号」。

空から見学できるのが鹿島港の中央にある港公園だ。

公園内にある高さ52mの展望台に上ると、左右に港湾地区、臨海地区の工場を一望できる。

この公園も震災の影響を受けたが、改修工事を終え、2012年4月に全面開園となった。

開園時間は8時30分〜17時00分、第1水曜休み。

入場料は大人190円、小人100円。

遊覧船で海から、展望台で空から楽しんだ後は、地上からの工場見学へ。

港公園からも見学できるが、鹿島一番の工場が密集するのが港公園の対岸に見える工業地帯東部地区だ。

この地区の真ん中に位置するのが砂山公園。

林になっている小さな丘があるほかは何の変哲もない公園だが、石油化学プラントを鑑賞するには外せないスポットだ。

工場のパイプ群が目と鼻の先に迫り、存分に工場を楽しめる。

なお、「ユーリカ号」は当日の気象条件により運航が中止する場合もあり、また、乗船定員に達した場合、発券は終了するので注意。